はじめに

どうもお世話になっています、ロイヤルおじさんです。

前回紹介したアズールレーン攻撃速度計算ツールを使って、装填値攻撃速度の関係について記事を書きました。

おじツールに興味がある方は下の文字リンクからどうぞ。誰でも気軽に使えるツールです。
アズールレーン攻撃速度計算機おじツール

前回の記事ではおじツールの使い方などを紹介しています。ツールを使ってみてわからないことがあったら読んでみてください。



攻撃速度の計算式

リロード速度=
各武装の攻撃速度×((200÷(100+((装填値+設備)×(1+バフ))))^0.5)

おじツールはだいたいこんな感じの式をイメージして処理しています。

各武装の攻撃速度は倉庫で確認できる数値を指しており、装備時の攻撃速度ではありません。

バフの処理は加算式です。例えば10%と15%のバフが同時に発生するとき、1+0.1+0.15=1.25という計算になります。

バフを(装填値+設備)に掛け合わせた値がおじツールで言うところの合計装填です。

後は200÷(100+合計装填)を処理して、その値を^0.5します。この処理はexcelならそのまま「値^0.5」で入力、電卓なら値に対してルートボタンを押すだけです。

javaScriptでは「Math.pow(値,0.5);」または「値**0.5;」で計算できます。

最後に各武装の攻撃速度を掛け合わせてリロード速度を求めます。

1つ問題を出しましょう。
駆逐砲MK12の攻撃速度が1.53、艦船少女の装填値が180、バフが20%だったときのリロード速度はいくつになるでしょう?

小数点第1位まで数値が合っていれば正解とします。 excel、電卓、もちろんおじツールを使ってくれても構いません。正解は次の項目で発表します。

装填を上げるのは微妙?

装填が高いほどリロード速度の短縮効率が悪くなる、これはアズールレーンユーザーの間で良く聞く話ですね。

自動装填機構1つ装備したとき、2つ装備したとき、それぞれの攻速を比較すれば効率が落ちていることは一目瞭然です。

この程度だと許容範囲ですが、他にもバフを重ねてみると効率が悪くなっているのを実感できます。

ここからは高雄型の艦船少女を例に計算していきます。

彼女達は3隻とも装填値が同じ値ですが、摩耶だけスキルで装填値が上がります。

摩耶のスキルは装填値35%アップ、この手のバフスキルでは上昇値が高い部類です。 35%アップという字面だけ見れば、リロード速度を2~3秒短縮してくれそうな期待感があります。

ですが実際に計算してみるとこのような結果になります。

アズールレーン高雄型比較

レベル100好感度愛のステータスを用いています。

バフによって高雄よりも合計装填が50以上高いのですが、僅か0.6秒短縮短縮率は10%といったところです。

前衛艦の主砲1回で見ると微妙な結果となってしまいますね。

問題の答えを発表します。
合計装填216、リロード速度は1.218秒です。

アルティメット摩耶

今度は可能な限り摩耶の装填値を上げてみることにしました。

思いついたのは自動装填機構×2=装填+70摩耶三笠明石ライプツィヒの組み合わせでバフ80%、さらに摩耶のレベルを上げて装填値163にします。

アズールレーンアルティメット摩耶

合計装填は419、この摩耶はアルティメット摩耶と表記することにします。さっそくおじツールを使って計算してみましょう。

摩耶最大装填

摩耶単体と比較して合計装填が2倍以上高い数値、ですがリロード速度は1.5秒しか短縮されません

高雄と比較すると3秒短縮短縮率は30%装填値の上昇量に対して明らかに短縮効率が悪化していることが分かります。

武装の攻撃速度で変化する?

武装によって攻撃速度が異なります。その変化も見ていきましょう。

高雄型は魚雷を装備できるので攻撃速度の遅い武装を代表して魚雷のリロード速度を計算します。

以下は先の項目と同じ合計装填を用いて計算したもの。

アズールレーン高雄型魚雷比較

高雄と摩耶の差を見ると、攻撃速度の遅い魚雷は主砲3~4回分の短縮効果を一度に得ているように思えます。

短縮率は10%、先の主砲比較と変わらないようです。

続いてアルティメット摩耶、重巡の魚雷がこれだけ速いと不思議な気持ちになりますね。

高雄との差は7秒短縮率は30%、このことから武装の攻撃速度で短縮率は変わらないということが分かります。


バランスは大事

魚雷型の艦船少女は装填値が主砲と魚雷の2つの攻撃速度に影響します。

ただ、魚雷のダメージを考えると装填設備や装填バフよりも酸素魚雷や雷装バフのほうが良い場面もあります。

1つのステータスに特化するよりも、火力、雷装、装填をうまく調整してバランスを取るのは大事です。

一方、装填特化にすることで全弾発射の発動機会を増やせるという考えがあります。

しかし、ある一定の時間内で考えると発動が早くても発動回数が変わらないことがあります。

高雄型の例で言えば高雄と摩耶の全弾発射は60秒間で1回しか発動しません。

条件付きのアルティメット摩耶でようやく2回です。これは重巡の例ですが、軽巡や駆逐艦でもよほど特化しない限りほとんど1回の差にしかなりません。

過剰な装填特化はあまり良い選択とは言えず、目的が無いのであれば別の選択肢を考えたいです。

まとめ

アズールレーンの艦船少女は装填値を上げることで武装のリロードが速くなります。

ただし、装填値を過剰に上げると短縮効率が悪化します。

他のステータスを伸ばすほうが効果的な場面が出てくるので、過剰な装填特化はあまりおすすめできません。

今回この記事を書く際に使用したおじツールは誰でも自由に使うことができます。

おじツールを活用して艦船少女が実力を発揮できるように調整を考えてみるのはどうでしょう?

お疲れ様です、ゲームやお仕事のお供にいかがでしょう。