開発ドック登場

4月26日アズールレーンのアップデートで開発ドックという新しい施設が追加されました。 この施設で開発を進めていくことで新しい艦船少女を建造することができます。

今回開発ドックで建造できるのは新たに追加された6隻の艦船少女達。 指揮官は好きな艦船少女を選んで開発を進めることができます。ランダム要素無しで確実に入手できるのが魅力的です。

新しく追加された艦船少女達は敵勢力のセイレーンに対して有効なスキルを所持しています。 今後のイベントなどで強力なセイレーンが登場することを暗示しているのかもしれませんね。

最短148時間で開発

開発ドックで新しい艦船少女を建造するには8個の項目を達成する必要があります。 開発を開始すると、以降時間経過で新しい項目が追加されていきます。

8個の項目の中で特に達成するのが難しいと思われるのが戦術データ収集ⅠとⅡです。

戦術データ収集Ⅰでは累計獲得経験値100万貯めると達成できます。
戦術データ収集Ⅱのほうではさらに200万の経験値を貯めると達成できます。
ⅠとⅡを合わせて300万の経験値が必要というわけです。

さらに戦術データ収集で累計獲得経験値を貯めるには指定の艦を使わなければいけないという条件があります。

例えば、軽巡ネプチューンの開発を行う場合、指定されているのはロイヤル所属の巡洋艦(軽巡、重巡)となっています。

指定の艦以外で戦闘しても累計獲得経験値を貯めることができません
ネプ

高難度海域を周回したい指揮官にとって、陣営縛りと艦種縛りは燃料消費の増加や攻略が不安定になるなどの問題が生じます。

ちなみに最短で開発を進める場合、まずは3日(72時間)以内に100万経験値貯めて戦術データ収集Ⅰを達成。

その後、戦術データ収集Ⅱを3日(72時間)以内に達成最後に7個目と8個目の項目を達成すると新しい艦船少女を入手できます。

最短開発は時間で言うと約144時間ということになります。

手っ取り早く経験値を稼ぎたい方はこちらを参考にしてください



最短開発はやるべきか?

最短で新しい艦船少女を建造しようと考えたらとんでもない量のやりこみが求められます。

それだけのプレイ時間を確保するのも難しいですし、燃料課金も必要になってくるはずです。

なので自分に合ったペースを見つけて気長に開発していくのが良いと思います。 その中でなるべく早く開発を進めたいなら、開発に15日掛けて1隻建造するペースがおすすめです。

このペースのノルマは1日平均20万以上の経験値が必要です。 最初の5日で100万経験値を達成して、残り10日で200万経験値を貯めるのが目標です。

1日平均20万以上というと、1戦で獲得する経験値が3000なら約67戦という計算になります。

1戦で燃料50消費する計算だと、1日平均20万ペースを達成するには約3500の燃料が必要です。 任務と委託をしっかり回していれば燃料の確保はできるので、後は時間を確保できるかといったところですね。

日課であるハードモードデイリーを消化するだけでも約6万以上の経験値を獲得できます。 もう少し頑張って1日10万経験値貯めることができれば、1ヶ月で1隻開発できるペースに乗せられます。

時間を確保できない方は周回の時間短縮を兼ねて6隻編成で回すのも手です。 経験値効率の高い11章なら4週で10万経験値貯まります。

第11章の攻略を考えている方はこちらの記事がおすすめです。


経験値効率

すでにご存知かと思いますが、戦闘で得られる経験値は以下の条件で変動します。

旗艦MVPA判定S判定小型中型大型ボス
1.5倍2.0倍1.0倍1.2倍1.0倍1.1倍1.2倍1.5倍

上記に加えて、艦船少女のコンディションが121以上だと経験値を1.2倍多く貰えます

戦術データ収集は今のところ陣営縛りと艦種縛りの影響で、1戦闘最大3隻分の経験値しか獲得できません。

また、前衛艦は旗艦補正を得られないので、経験値効率だけで考えると前衛艦は少し大変です。

コンディション121以上でS判定のときに得られる経験値を1000と仮定して、1戦で得られる3隻分の獲得経験値を見てみましょう。

前衛3隻小型中型大型ボス
MVP無3000330036004500
MVP有4000440048006000

主力3隻小型中型大型ボス
MVP無3500385042005250
MVP有5000550060007500

前衛3隻は主力艦よりも燃料消費が少なくなるはずです。その分多く周回して差を埋めることができそうです。

主力3隻だと必ず1隻に旗艦補正が入り、MVPも取りやすいです。主力艦の開発を進めるほうが少しだけ楽かもしれません。


編成はどうする?

経験値は後半海域ほど多く得られますが、同時に周回に必要な燃料消費もばかになりません。 前衛艦または主力艦のどちらかが3隻固定だと最低でも4隻編成1戦闘の燃料消費は40~50くらいになります。

さらに陣営縛りと艦種縛りによって最良の編成ができません。後半海域を安定周回するつもりなら編成を増やすことになり、余計な燃料消費が増えてしまいます。

一方で無凸低燃費編成の場合、燃費に対する経験値効率はかなり高いです。 その半面プレイ時間が増え、操作量も多いので面倒に感じることでしょう。

プレイ時間があるという方以外は無凸低燃費編成はやるべきではないです。 それに認識覚醒が実装された今、余剰経験値が増えない戦闘に価値があるとは思えません。

少し妥協して無凸1隻完凸3隻の編成なら、1戦あたりの燃料消費を30前後にできます。

6章あたりの周回も安定するので、夕立や強化パーツ狙い、多く時間が取れる日はこのやり方がおすすめです。

ちなみに無凸艦のレベルを上げてから退役すると少しだけ多く資金と燃料が貰えます。 無凸1レベルと70レベルで比べると、退役で貰える資金は約42倍燃料は8倍多くなります。 ある程度育ててから退役するのも良いかもしれまんせんね。
無凸

さいごに

開発ドックの登場は素直に嬉しいことですが、経験値稼ぎの為にプレイ時間を捻出するのが大変です。

アズールレーンを続けていればいつか入手できるくらいの気持ちでいたほうが良さそうですね。

ちょっと愚痴を言うと、開発ドックはできれば11章の追加と一緒に実装されて欲しかったです。 11章の攻略をしながら経験値を貯めることができたので残念に思います。

今回は以上で終わりです。