はじめに

ロイヤル陣営のSSR軽巡洋艦「シリアス」の魅力や性能に関する情報をまとめました。

シリアスは2019年1月24日のアップデートで実装された先行実装艦です

イベント期間の1月24日~2月14日まで限定建造でのみ入手できます。

先行実装という告知があるのでいずれは常設実装されると思いますが、いつ頃来るかは未定。

入手するか迷っている人は記事を参考に考えてみてください。

字幕解説動画も用意しました⇒YouTube


    シリアスの性能

    下は公式の紹介

    シリアスはキャラクターが魅力的で、公開された直後から大きな反響がありました。

    見た目最強クラス、とにかくえっっっろい娘です!

    ボイスが実装されたらどうなっちゃうんだろう?今後も期待できます。

    萌ポイント

    シリアス_タイトル

    白髪巨乳メイド、肌の露出が眩しいです。

    白色を基調とした清楚な見た目ですが、ワンポイントで紐やヒールに赤色が使われています。

    これが不思議と魅力的で、ただの清楚キャラでは無い怪しさ(エロ)を感じます。

    胸元が大きく開いており、谷間丸見えです。でもまぁ、ロイヤルメイド隊ではよくあることですね。

    シリアスの強さ

    性能は全てレベル120好感度100スキルレベル最大で表記

    ステータス

    siriusシリアスCV.未実装
    ロイヤル陣営SSR軽巡洋艦
    建造00:55:00絵「KIn」
    耐久3744装甲装填182回避97
    火力151雷装161航空0命中169
    対空385対潜164速力32幸運70
    燃費11
    主砲補正135%最大1
    魚雷補正130%最大2
    対空補正130%最大1

    他のロイヤルメイド隊と比べると攻撃関連のステータスが低く、対空と対潜ステータスだけ異常に高く調整されている。

    雷装ステータスに関しては調整ミスを疑うレベルである。魚雷補正も低く、重巡に劣る程度のダメージにしかならない。

    ぶっちゃけステータスだけで比べるとほとんどの項目でニューカッスル改に劣る。

    newcastleニューカッスルCV.後藤沙緒里
    ロイヤル陣営SR軽巡洋艦
    イベントで入手絵「Lpip」
    耐久3928装甲装填194回避100
    火力175雷装285航空0命中165
    対空387対潜84速力32幸運78
    燃費9
    主砲補正155%砲座1
    魚雷補正125%砲座2
    対空補正140%砲座1

    レベル120好感度100のニューカッスル改

    改造艦と比べるのは少しあれな気もするがシリアスはSSR艦である。

    もう少しステータスが高くても良かったと思うが…シリアスには駆逐主砲を装備できるという他のメイド隊にない特徴がある。

    主砲比較

    駆逐主砲2種と軽巡主砲2種のDPSを比べてみた。レベル120好感度100火力+20%で計算

    シリアス主砲比較

    徹甲弾の貫通は考慮していないので「試製152mm三連装砲」は比較が難しいです。

    他の主砲は全て榴弾なので比べてみると、駆逐砲「138.6mm単装砲Mle1929」が全体的に優れていることがわかります。

    「138.6mm単装砲Mle1929」はイベント「光と影のアイリス」で入手できる装備です。

    入手しやすい駆逐砲「127mm連装両用砲MK12」でもそれなりのDPSが出ます。

    次に同じメイド隊所属のニューカッスル改とベルファストで比べてみました。

    レベル120好感度100、ニューカッスル改は火力+15%、ベルファストは榴弾強化25%を含めています。

    シリアスメイド隊比較

    軽装甲と重装甲への攻撃はシリアス有利になるようです。

    駆逐砲のDPSだけは他のメイド隊と比較しても劣らないことがわかりました。

    結果:
    シリアスの主砲は駆逐砲が良いと考えられる。このあと紹介する全段発射の回転率向上にも一役買ってくれます。

    スキル「誇らしき青星の印」

    効果:
    出撃時、同じ艦隊の軽空母・正規空母の航空が10%、敵駆逐・軽巡・重巡への命中率が10%アップ:出撃時、同じ艦隊の軽空母・正規空母一隻につき、自身の火力・雷装・装填が7%アップ

    1つ目の効果は味方空母に航空バフと特定の敵に対する命中率バフを与えるというもの。

    基本的に出撃時と書かれた効果はスキルの持ち主が倒れても戦闘終了まで効果が続く。

    2019年1月31日:命中率の表記に誤りがあったようで、7%→10%に修正される。

    2つ目の効果は編成に組み込んでいる空母の数だけシリアスを強化してくれる。

    主力は最大3隻までなので最大21%のバフを得られる。

    スキル「砲火制圧」

    効果:
    戦闘中、自身の火力値が20%アップ

    シンプルに火力が上昇するスキル。

    火力上昇系の装備やオフニャがあれば大きな効果になるかもしれない。

    全弾発射-シリアスII

    効果:
    自身の主砲で10回攻撃する度に、全弾発射-シリアスを行う

    「全弾発射-シリアスII」
    威力HIT補正弾種軽装甲中装甲重装甲
    3420125%通常弾100%80%60%
    シリアス全弾発射

    威力の高い弾幕を正面に展開して発射する。単体への多段ヒットが狙える。

    通常の魚雷型軽巡は8回攻撃で発動するが、シリアスは10回攻撃する必要がある。

    もしかしたら駆逐砲装備を前提に調整されているのかもしれない。

    性能評価

    シリアスのステータスだけ見ると対空性能は高く評価できるが、その他はあまり優れているとは言えない。

    その一方でシリアスの駆逐砲を装備できるという個性が面白い。

    駆逐砲を装備したときのDPSが高く、全弾発射の回転率も上がる。高い攻撃力を見せてくれるはずだ。

    スキル「誇らしき青星の印」は空母を強化する効果を持つ。この効果だけでシリアスを使うという選択肢が生まれるくらい優秀。

    現在のロイヤル陣営で考えると採用するか難しいところだが、空母の追加や改造が実装される度にシリアスの評価は変わってくるはずだ。

    私の考えとしては「コンボパーツになるから育成確定」である。

    おすすめの編成

    まだシリアスの育成段階なので試せていませんが、今考えているものを紹介します。

    セントーロイヤル

    演習の攻撃側を想定した編成例です。

    主力:QE+セントー+空母枠
    前衛:シリアス+ベルファスト+オーロラ

    味方前衛とセントーの攻撃で敵前衛を処理する。そのあと空母の流星で敵主力を1隻沈める流れだ。

    シリアスは主にセントーの補助と前線維持で活躍するはずだ。

    ロイヤル空母だとヴィクトリアスかアーク・ロイヤルが候補。この2隻は耐久値が近く、装甲が異なる。

    敵の砲撃を意識するならヴィクトリアス、魚雷や航空攻撃を意識するならアーク・ロイヤルを選ぶと良いだろう。

    ロイヤルにこだわりが無ければ空母は他陣営から連れてきても良い。(飛龍や翔鶴など)

    五航セントー

    演習の攻撃側を想定した編成例です。

    主力:瑞鶴+翔鶴+セントー
    前衛:シリアス+ベルファスト+オーロラ

    セントーと翔鶴で敵前衛を処理、流れ弾の攻撃機で主力を削る。遅れて瑞鶴の流星+爆撃機で主力を1~2隻処理します。

    以前から試行錯誤していた編成です。QE不在によるロイヤル艦のパワーダウンが痛く、成績はイマイチでした。

    シリアスが加わることで少なくとも主力のパワーが上がります。シリアス自身も最大値のバフを得られます。

    あとはどのような結果になるか試してみないとわかりません。

    おすすめ装備

    レベリング中はこんな感じで回していた。

    シリアス_装備

    主砲は榴弾で選ぶなら駆逐砲「138.6mm単装砲Mle1929」か「127mm連装両用砲MK12」が理想。

    魚雷はシリアスの雷装と補正が低いのであるもので構わない、強い魚雷は他の艦船に回してあげよう。

    対空ステータスが高いので対空砲は威力に優れる「113mm連装高角砲」を装備したい。攻速重視なら「四連装ボフォース40mm機関砲」もアリ。

    設備は使う場面に合わせて選択
    演習:先頭に置くなら真珠の涙+バルジなど
    海域:道中は応急修理装置+回避設備など

    まとめ

    シリアスは登場時からビジュアル面で高い評価を受けている艦船です。

    初見だと攻撃性能が微妙に見えてしまいますが、駆逐砲を装備できる特性によって砲火力は優秀。

    1番の売りである支援スキルは使いやすいコンボパーツとして活躍してくれることでしょう。

    現状のロイヤルで使うには空母の選択肢が少なく扱いに困りますが、今後のことを考えると優先的に育てても良い艦船だと言えます。