はじめに

今回は燃料4000ほど使って「安全海域13-4道中低燃費オート編成」を試してみました。

アズールレーンのメインストーリー第13章最高難易度というだけあって、安全海域でも編成を減らすと攻略が難しいです。

制空値」のこともありますし、どうやって低燃費オート編成を組めば良いのか非常に悩みました。

13章の攻略編成などはこちら
【アズールレーン】メインストーリー第13章攻略メモ!バンカー・ヒルを入手せよ!【アズレン】


    編成条件

    安全海域13-4道中低燃費オート編成」これ以外の条件を設定します。

    条件1「大型を1~2回倒す」

    13-4は護衛艦隊11隻中7隻撃破でボス出現、弾薬マスがあるとはいえ連戦を耐え抜けるだけの総合力が求められます。

    さらに低燃費オート編成の障害となるのが「大型航空艦隊」と「大型主力艦隊」です。

    どちらも指揮艦が出現、これと1戦するだけで主力と前衛が削られてしまいます。

    中型艦隊が7隻以上出てくれるなら簡単ですが、大型艦隊の出現頻度が高く最低1戦は避けられないという感じ。

    大型を1回以上倒せて7戦できる編成を考えます

    条件2「中型厳選」

    上記で大型を倒すと書いていますが、さすがに3隻相手するのは大変です。

    最後まで戦い抜くために開始時の護衛艦隊を厳選します。

    13-4は開始時の護衛艦隊が3隻出ます。中型が2隻以上なら続行、大型2隻以上なら撤退再入場します。

    条件3「潜水艦無し」

    制空権を取りたいので、潜水艦隊は3隻編成して対空レーダーを装備します。

    潜水艦の漸減作戦潜水支援は無しで進めます。

    実際に周回する人は必要なら遠慮せずどんどん使うべきです。

    支援範囲内の敵を最後のほうまで残しつつ戦えば、途中で事故ってもカバーできるはず。

    ボス戦でも使うことを考えるなら、潜水艦隊の旗艦は伊26(範囲LV.4)、U557(範囲LV.4)、アルバコア(範囲LV.5)がおすすめ。

    条件4「制空権確保」

    制空権確保」を前提に進めます。

    私は道中編成に合わせてボス編成を組めますが、艦船の選択肢が少ない人はボス編成を優先して考えたほうが良いです。

    ★制空権確保の目安
    ・空母合計4隻以上(要航空装備、要対空装備)
    ・空母合計3隻+ユニコーン(要航空装備、要対空装備)

    条件5「レベル120」

    当然のようにレベル120の艦船を使います。

    現在のレベルキャップで手加減するのは難しいです。

    また、私の手持ちだとレベル120未満で使える選択肢がありません。

    6隻編成

    6隻低燃費オート編成を試してみました。

    ★ロイヤル

    燃費63、見ゆ回避不明
    ・主力艦:QE(旗艦)、アーク・ロイヤル、ユニコーン
    ・前衛艦:ニューカッスル改、エイジャックス改、リアンダー改

    アズールレーン_第13章_道中低燃費オート編成

    ロイヤル統一SR以下で考えた編成、下の画像は大型航空2隻中型5隻撃破後のもの。

    アズールレーン_第13章_低燃費編成2

    より安定した編成を望むなら主力にイラストリアスやセントー、前衛にシェフィールドかベルちゃんを入れると良い。

    エイジャックス改は途中先頭に置いて4戦しており、装備のおかげか他の2隻よりも耐久を高く保てた。

    空母&軽空母が落ちなければ制空権確保を維持できるので、途中で前衛が落ちることを見越して真珠の涙を装備するのも良さそう。

    戦艦を採用すると副砲で量産型の処理が可能になり、榴弾主砲がヒヨウとジュンヨウへの打点になります。

    ★五航戦

    ・燃費63、見ゆ回避不明
    ・主力艦:瑞鶴(旗艦)、翔鶴、ユニコーン
    ・前衛艦:ニューカッスル改、カーリュー、リアンダー改

    アズールレーン_第13章_道中低燃費オート編成2

    空母で固めた編成、下の画像は大型航空3隻と中型4隻撃破後のもの。

    アズールレーン_第13章_低燃費編成4

    翔鶴の攻撃防御バフが12秒と長く安定感を生む。

    私の直感が囁き、翔鶴と瑞鶴の航空攻撃は間隔が空くようにしている。効果があるかはわかりません。

    ブルックリンやフェニックスを試したかったのですが、育っていないので代わりにカーリューを試しました。

    スキル「対空支援」がほぼ常時発動しててなかなか強かったです。

    アズールレーン_スキル_対空支援

    先のエイジャックスを参考に、前衛の装備は回避と応急修理装置にしています。

    空母を二航戦にすると燃費が2減って花札で手数が増す、戦闘機数が多いので対空も頼りになります。

    その代わり翔鶴の安定感と瑞鶴の耐久を失い、やや耐久面で不安があるかな?という感じ。

    考察

    13章は今までの海域とは段違いの難易度です。

    その難易度に合わせて艦船を選ぶのですが、主に必要なものは火力、耐久、対空です。

    6隻編成なら対空要員も6隻、対空に関しては条件を満たしやすいです。

    また、道中編成はユニコーンやイラストリアスが自然と候補になるでしょうから、耐久に関しても問題無いと言えます。

    一方で敵艦載機の多さに惑わされ、火力不足の受け身な編成になることだけは避けたいです。

    敵艦載機を撃墜できても敵艦を倒さないと戦闘は終わりません

    戦闘が長引けば回復手段に乏しい編成はダメージの蓄積が増えてしまいます。

    5隻編成

    5隻低燃費オート編成を試してみました。

    ★主力3前衛2

    燃費55、見ゆ回避84%
    ・主力艦:QE(旗艦)、セントー、ユニコーン
    ・前衛艦:ニューカッスル改、リアンダー改

    アズールレーン_第13章_道中低燃費オート編成4

    先のロイヤル編成が元、下の画像は大型航空2隻中型5隻撃破後のもの。

    アズールレーン_第13章_低燃費編成5

    大型航空のときは輪形陣、他は複縦陣か輪形陣を直感で切り替えている。

    ボス用艦隊が空母3隻なら前衛が1隻落ちても制空権確保は維持できるはず。

    QEをイラストリアスに変えると前衛が安定するが、量産型の処理に手間取る、先頭が長引くなど悪いところも目立つ。

    ★主力2前衛3

    燃費53、見ゆ回避86%
    ・主力艦:サラトガ改(旗艦)、ユニコーン
    ・前衛艦:ニューカッスル改、サンディエゴ改、シェフィールド

    アズールレーン_第13章_道中低燃費オート編成5

    下の画像は大型航空2隻大型主力1隻中型4隻撃破後のもの。

    アズールレーン_第13章_低燃費編成6

    サラトガちゃんの支援砲撃が量産型の処理に貢献してくれる。

    サンディエゴのおかげで対空面はカバーできる。

    少し余裕があったので大型と3回戦闘、やっぱりキツイので余計なことはしないほうがいい。

    前衛はニューカッスルを先頭のまま進めた、他2隻の耐久に余裕があるので入れ替えれば安定するだろう。

    主力2隻で気になるのはヒヨウとジュンヨウに対する打点です。

    シールドで前衛の主砲は防がれ、主力の航空攻撃も敵の防空値が高いのかダメージの通りが悪いです。

    前衛で少しでも稼ぐなら、サンディエゴに手数の多い駆逐主砲を装備して、シールドを早く破壊するのが良いかもしれません。

    考察

    13章で主力または前衛が2隻になる負担はすごく大きい。

    まず対空要員が減って艦載機に与えるダメージが下がる&撃墜が難しくなる

    撃墜できなかった艦載機は主力に到達ダメージ(神風)を与えて、次の空襲でまた飛んでくる。

    空襲の度にどんどん増えてく艦載機、当然主力の負担は凄まじい。

    到達ダメージは主力が3隻⇒2隻になるとダメージが集中して落ちやすくなる。

    主力2隻の場合、前衛の対空性能や主力自身の対空値などに気を遣わないと大型航空との戦闘で大ダメージを受ける。

    主力3隻の場合、今度は前衛火力が不足して量産型の処理に手間取る。前衛が頻繁に接触ダメージを受けて厳しい。

    この量産型の処理は戦艦がいると楽だが、空母編成のときは何か考える必要がある。

    4隻編成

    4隻低燃費オート編成を試してみました。

    ★主力2前衛2

    燃費51、見ゆ回避81%
    ・主力艦:天城(旗艦)、イラストリアス
    ・前衛艦:ネプチューン、サンディエゴ

    アズールレーン_第13章_道中低燃費オート編成3

    下の画像は大型航空1隻中型6隻撃破後のもの。

    アズールレーン_第13章_低燃費編成8

    日を改めて2回目、大型航空1隻大型偵察1隻中型5隻撃破後のもの。

    アズールレーン_第13章_低燃費編成9

    4隻編成で通せたのはこの編成だけ、天城の弾幕発動率にもよるので正直おすすめできない。

    陣形は大型航空で輪形陣、あとは複縦陣のほうが多かった。

    全員好感度愛なのでケッコン補正があれば少しは楽になるかも。

    ネプチューンとサンディエゴは交代しながら耐久調整しないと厳しい。

    編成を減らすと戦艦の重要度が高くなると思う。中型のヒヨウとジュンヨウに構ってるだけで消耗するので、さっさと倒せる火力が欲しい。

    主力2前衛2のパターンが1番可能性あると思います。

    ★主力3前衛1

    無理でした\(^o^)/

    主力3前衛1は前衛の量産型処理が追いつかず、接触ダメージを受け過ぎて沈む。

    ネプチューン、天城、ユニコーン、イラストリアスでも耐えるのは難しい、しかも対空が圧倒的に足りない

    サンディエゴ単機だと対空足りても耐久が保たないので論外。

    ★主力1前衛3

    絶望的、中型相手でも厳しいです。

    艦載機の到達ダメージを旗艦が集中して受けることになり、試した中では1番望み薄い。

    前衛3隻の火力で進められるほど敵は弱くないです。

    考察

    ほぼお手上げです。

    4隻編成は3通り組み合わせがある。

    5隻⇒4隻の圧縮は私の手持ちでは難しく、主力2前衛2で通せたがオススメできるものではない。

    素直に漸減作戦を使うか、捨て艦を利用した5隻⇒4隻の変則編成なら可能性はある。

    意外とよかったもの

    試した艦船でよかったものを紹介

    赤城or加賀

    どちらか1隻でOK、Me-155、フルマー、バラクーダを装備すると最初に飛んでくる艦載機をほぼ片付けてくれる

    これにセントーを採用すると約10秒毎に航空攻撃ができる。

    艦載機撃墜が楽になり、主力の耐久を多く残せるので良いと思った。

    イラストリアス

    ユニコーンかイラストリアスのどちらかを採用するとき、今まではユニコーンを選ぶことが多かった。

    思い切ってイラストリアスを試したらユニコーンのときよりも良い働きをしてくれた。

    120イラストリアスだとスキル「装甲空母」のシールド耐久は650以上、接触ダメージや炎上ダメージも防ぐらしい。

    装備がMe-155×2、バラクーダ、ホーミングビーコンなら約20秒で発動可能だ。

    効果時間は8秒なので戦闘時間の約1/3をシールド付きで過ごせる。

    艦載機撃墜能力も高いし、これからはイラストリアスを選択する機会が増えそうだ。

    捨て艦戦法

    あまりおすすめはしないが、どうしても燃費を抑えたいならどうぞ。

    無凸レベル70ユニコーン
    何度か回復スキルを使い、落ちたときに真珠の涙で回復する戦法。
    1戦で落ちたとしても16~24%+10%=26~34%も回復できる。
    2戦目も戦えれば50%以上の回復が見込める。

    無凸レベル70ジュノー(軽巡)
    いわゆる涙ジュノーである。
    ただし13章の敵が相手だと効果的に使うのは難しい。
    先頭だとすぐ落ちてしまう、複縦陣で真ん中に置いておくと少しはマシ。

    完凸駆逐or軽巡
    先頭に置いて先に大型艦隊と1~2戦して落ちてもらう。
    完凸なのでちゃんと戦闘要員として貢献してくれます。
    大型と戦いやすくなるのが魅力

    まとめ

    以上が燃料4000を溶かした結果です。

    6隻編成も5隻編成もまだまだ削る余地はあると思います。

    4隻編成に関しては漸減作戦を使うか、完全に大型を無視できないと難しい。

    13章の道中低燃費オート編成は5隻以上でやることをおすすめします。

    7戦する途中で事故って、燃料を無駄にしたくないですからね。

    13章の攻略編成などはこちら
    【アズールレーン】メインストーリー第13章攻略メモ!バンカー・ヒルを入手せよ!【アズレン】