アズールレーン_メンテナンスのお知らせ_

2020年4月17日アズールレーン公式Twitterにて、軽巡洋艦「五十鈴」の改造告知がありました。アズレンでは時々、ドスケベ淫乱改造の標的になる艦船がいますが、今回の改造は五十鈴の初期イメージとはまるで違う別人です。いったいどうしてこうなった…!

色々な五十鈴

五十鈴には通常立ち絵の他に着せ替えスキン2種が実装されています。

通常絵
一般的に五十鈴と言えばこれを思い浮かべる人が多いはず。
改造絵と比較すると幼さがあります。

着せ替え「フェアリーテイルナイト」
ハロウィンスキンでは通常絵よりも落ち着いた表情を見せているので大人びて見えます。横からのアングルなので胸の大きさがはっきりわかりますね。この頃から五十鈴の変化が始まっていたのかもしれません。

着せ替え「ポカポカクリスマス」
クリスマススキンですが、衣装にクリスマス要素はほとんど無いです。前の2つよりも「美少女」という感じが強く、素人目でも髪の塗り方とか変えたのかな?と思うレベルで変わっています。(実際に塗り方を変えたかは不明)

改造絵
制服は綾波と似たお腹を見せるタイプ。イラストレーターの画力が上がったのか、以前の五十鈴とはまるで別人に見える。

イラストレーター

五十鈴の絵を描いているのは大月紅葉氏です。アズレンでは綾波、第六駆逐隊の4隻、長良と阿武隈などのキャラを担当しています。

綾波改

アズレンの改造

アズレンではたまにドスケベ改造を施される艦船がいたりします。例を上げると加古や古鷹、フォックスハウンドなど。これらは主に改造前よりも胸が大きくなったり、露出が多くなったりするが、ギリギリ元のキャラがわかるので比較的受け入れやすいほうです。

今回の五十鈴は言われなかったら新キャラと思ってしまうほどデザインが変わっていますね。男性ユーザーが多いアズレンでは「美少女・可愛い・エロい」は受け入れやすい要素ですが、前から五十鈴を推していた指揮官がどんな反応をするのか、そこが少し気になる所です。

まとめ

五十鈴改の実装告知がありました。見た目がかなり変わって驚きましたが、中身はちゃんと五十鈴みたいなので慣れれば問題ないのかな?