コアショップ登場!

アズールレーンのアップデートで新たに追加されたコアデータというアイテム。

これは通常海域のハードモードボスを倒すと確実にドロップするアイテムです。

集めたコアデータコアショップで様々なアイテムと交換することができます。

交換可能なラインナップは月替りで更新されるようです。

2018/4/8現在交換可能なアイテムは以下の通り。
cores

注目は381mm連装砲改!

新登場の装備が三種類、その中でも特に注目されているのが381mm連装砲改(以降381砲)という戦艦主砲です。

381砲が注目される理由には装填速度の良い榴弾であることが挙げられます。

【新品】キャラクター万能ラバーマット アズールレーン「扶桑&山城」 / ブロッコリー 発売日:2018年06月頃
【新品】キャラクター万能ラバーマット アズールレーン「扶桑&山城」 / ブロッコリー 発売日:2018年06月頃

装填速度について
装填速度は攻撃回数に直結するので、ほとんどの場面で速いほうが優れていると言えます。

例え威力が低くても、1回の戦闘で主砲1回よりも2回撃つ方が効果的な場面は多々あります。

さらに主砲発射時にスキルが発動する艦船少女と相性が良いことも見逃せません。

381砲は主砲の装填速度を上げたいフッドと相性が良いことから、スーパーフッド砲フッド砲などと呼ばれることもあります。

榴弾について
戦艦主砲の弾種は榴弾が最適と言われています。

なぜかと言うと、榴弾はダメージ補正のバランスが良く、炎上を期待できるからです。

砲撃は弾種と敵艦の装甲によってダメージ補正が変わります。

下の表を見ると、全ての敵艦にバランス良く対応するなら榴弾一択と言えるでしょう。

戦艦主砲の補正
弾種軽装甲中装甲重装甲
通常弾70%100%90%
徹甲弾30%130%110%
榴弾140%110%90%

炎上について
榴弾は一定確率で敵艦を炎上させ、炎上中は15秒間3秒毎に継続ダメージを与えます

継続ダメージはヒットした榴弾の単発ダメージに依存します。

戦艦の単発ダメージは1000を越えることがあり、炎上による継続ダメージにも期待できます。

しかも戦艦主砲の榴弾炎上確率が50%もあります。

381砲だと合計で6発の榴弾を撃つので、ほぼ確実に敵艦を炎上させることができると言えます。


他の主砲と比較

こちらは+10まで強化した381砲のデータです。
381主砲
他の榴弾主砲と比べてみましょう。

410主砲
410mm連装砲(以降410砲)は381砲が来る前までは装填速度と単発ダメージが高いことが長所でした。

今では画像の通り381砲2秒速く、与えるダメージは410砲やや勝る程度となっています。

主砲発射時にスキルを発動する戦艦には381砲を装備するのが良いと考えられます。

mk6主砲
406mm三連装砲MK6(以降MK6)は威力と装填速度のバランスが良く、ほぼ全ての戦艦に最適な主砲と言われています。

381砲と比べると装填速度は遅いものの、一回で合計9発の榴弾を撃つ上に1発の威力が高く、圧倒的MK6の方が強いと言えます。

ただし、ある一定区間内で実際のダメージ量を比べると、発射回数の都合上381砲が勝ることがあります。

実際の装填速度を計測

381砲戦艦巡洋戦艦砲艦航空戦艦のみ装備できます。

装備後は戦艦の装填値によって装填速度が変化します。

今回は装填値130ロドニー381砲実際の装填速度を計測します。

設備は自動装填機構+10(装填値+35)を使います。
ロドニーステータス

装備時の装填速度
設備・装填 381砲 410砲 MK6
無し・130 16.73 18.66 22.38
1つ・165 15.59 17.38 20.85
2つ・200 14.65 16.34 19.60

410砲MK6はおまけ。

表を見ての通り、装填値を上げるほど主砲の装填速度は良くなります。

15秒間隔で攻撃できる榴弾は381砲くらいなものでしょう。

自動装填機構を1つ装備するだけで他の2つは装填速度で追いつけなくなります。

速いだけでなく、設備枠に余裕を作れるのも381砲の魅力なのかもしれません。
アズレン ラバーキーホルダー エレバス -こすぷれ喫茶娘々-
アズレン ラバーキーホルダー エレバス -こすぷれ喫茶娘々-

区間ダメージで考える

アズールレーンでもユーザーの間でDPS(1秒間に与えるダメージ)という言葉が広く使われています。

しかし、攻撃頻度の高い前衛艦なら分かりますが、装填の遅い主力艦にDPSという言葉を使うのは無理があります。

主力艦の場合は一定の時間で区切って区間ダメージとして考えるほうが良いでしょう。

例えば、35秒という区間内で実際に与えたダメージ量を評価基準にします。

先に出した表の通り、MK6では設備を盛っても35秒で1回しか攻撃できません

しかし、381砲なら設備を盛らなくても35秒で2回攻撃できます

いくらMK6が攻撃性能に優れていても、381砲2回攻撃したほうがダメージ量は多いです。

これが40秒という区間だったら、もちろんMK6の方が優れているという結果に変わります。

装填の遅い主力艦はこのように区間を想定して評価するほうが良いと私は考えています。

特にアズールレーンは道中の敵艦を30~60秒程度で倒すことが多いので、区間を決めて評価する考え方は悪くないはずです。

381砲は交換するべきか?

381砲コアデータ800で交換することができます。

コアデータは1ヶ月で約1650集めることができるので余裕はあると言えます。

アイテムのラインナップは月替りで更新されるので、この機会を逃してしまうと次はいつ交換できるかわかりません。

381砲の性能は紹介してきた通り優れもの、1つは交換しておくほうが良いと思います。

コアデータ1500で交換できる酸素魚雷も魅力的ですが、必要なコアが多いのが難点です。

酸素魚雷はイベント紅染の来訪者でも入手可能で、先日復刻も行われたばかりなので持っている人は多いはずです。

既に持っているなら無理に交換する必要は無いので、381砲を交換して主砲の選択肢を増やすのがおすすめです。

また、コアデータは翌月に持ち越しできるので、次のラインナップに備えておくこともできます。

大陸版の方では超重弾一式徹甲弾ソードフィッシュ(818中隊)といった装備が実装されており、これらはどれも高く評価されているようです。

ただし、日本ではいつ実装されるか分からない上、大陸版から性能据え置きで実装されるかも分かりません。
アズレン ラバーキーホルダー フッド -こすぷれ喫茶娘々-
アズレン ラバーキーホルダー フッド -こすぷれ喫茶娘々-

まとめ

381砲は優秀な装填速度を持ち、条件次第で他の主砲を上回るダメージ量が出ます。

主砲発射時にスキルが発動する艦船少女と相性が良いのもポイントです。

特にロドニーネルソンの「BIG SEVEN」は発動率40%と低いですが、発動すれば強力なスキルです。

1戦闘で2回攻撃できると「BIG SEVEN」が最低1回以上発動する確率64%、道中の敵艦を倒すのが楽になります。

ロドニーネルソンを使っているなら381砲は交換しておきたい装備だと言えます。

381砲は新しく開放された11章の攻略でも活躍してくれました。