2020年7月23日(木)~2020年8月6日(水)に期間限定イベント「極夜照らす幻光」が開催されます。久しぶりのロイヤル大型イベントです。この記事では「極夜照らす幻光」で新規実装される艦船のおさらいとそれに期待することを書いています。実装前の妄想・予想が中心なので注意!

詳しいアップデート情報はこちらを参照してください。

極夜照らす幻光

・期間限定イベント「極夜照らす幻光」開催
開催期間:2020年7月23日(木)メンテナンス~2020年8月6日(水)メンテナンスまで
イベント後半ステージは2020年7月24日(金)に開放予定です。

新規実装艦船の入手方法は下記画像を参照

白海の極夜

注意点はハーマイオニーの建造確率が低いこと。ハーマイオニーはpt交換または海域ドロップで入手できるため、建造の深追いは避けたほうが良いでしょう。

他にイカルスが累計獲得pt報酬になっているため、取り逃しのないように注意したいです。

ハーマイオニー

新しいロイヤルメイドが登場します。ダイドー級ということなので、先に実装されているシリアスとダイドーに近いステータスになると予想できます。

対空特化のステータス、主砲は駆逐砲を装備できて、全弾発射性能は高めに調整されるはずです。

スキルに関しては完全に予想というか妄想でしかありませんが、ダイドー級3隻による空母ロイヤルを構築できると嬉しいです。

シリアスが空母の攻撃力アップ、ダイドーが陛下とダイドー級の強化と来ているため、続くハーマイオニーは空母のダメージ軽減あたり?

これが来たら強いという効果に「空母の優先ターゲット変更」があります。例えば、航空攻撃が戦艦や空母といった大物を優先的に狙うようになれば対ボスや演習での活躍が期待できます。ロイヤル空母お得意の攻撃機(流星)を効率良く当てられるようになったら本当に嬉しいです。

史実のハーマイオニーはドイツの潜水艦に雷撃されて沈没、87名の戦死者を出しているそうなので幸運は低いかもしれません。

ハウ

キング・ジョージ5世級の戦艦はハウを含めて4隻になります。ハウのステータスも姉妹に習い、あまり尖ったものにはならないと思います。(一般的なロイヤル戦艦らしいステータス)

デューク・オブ・ヨークとキング・ジョージ5世のように、史実装備の四連装砲に由来した特殊弾幕スキルを持っているかも。

キング・ジョージ5世と共に行動している時期があるため、お互いまたは片方を強化するスキルを持っている可能性も考えられます。ハウ自身が主砲リロード短縮効果を持っていた場合、演習において5世とハウの開幕速攻ロイヤル編成が組めそうです。

セリフに護衛とあるため、見方を守るスキルも十分ありえますね。

私のフォロワーが言っていたことですが、「委託報酬アップ」というのも新しくていいなと思いました。

ハウは第二次世界大戦を生き残った艦船なので幸運は高そうです。

パーシュース

SSR軽空母はセントー、龍鳳に続きパーシュースで3隻目、ロイヤル陣営では2隻目です。

パーシュースは建造途中に航空機整備艦に変更され、第二次世界大戦後まもなく就役したらしいです。同種の艦だとユニコーンがこの航空機整備艦にあたり、主な目的は航空機の補給及び修理、航空支援の補助とされています。

パーシュースはユニコーン同様に回復スキルや支援バフを持っている可能性がありそうです。

他に予想できるものとしては、味方航空機の武器効率を底上げ、単純に航空バフや与えるダメージアップなど。

特殊航空攻撃スキルを持ってくるか気になります。セントーのように強力なものを持っていれば強キャラになるでしょう。

装備スロットは他のロイヤル空母に習って戦闘機と攻撃機寄りになるかもしれません。

イカルス

SR駆逐艦のイカルスはセリフを見た限りだと火力重視の艦船になるかもしれませんね。ただ、SRなのに汎用スキル「火力全開」を持ってくるのはやめてほしいかなと思います。

アズレンの頑張り次第ですが、機雷敷設作戦に従事していたらしいので、戦闘中に機雷を召喚して触れた相手にダメージを与えるスキルを持っていたら面白いかも。

駆逐艦らしく護衛任務も行っているため、ダメージ軽減スキルを持っている可能性は高そうです。

イーグル

ロイヤルのSR空母イーグルは1924年に就役した古い空母です。軽巡洋艦的な任務にも対応したいという設計思想から、対水上艦艇攻撃のために中口径砲と水中魚雷発射管を装備していたとか。

先に実装されているフランスの空母ベアルンもイーグルと同世代であり、似た設計思想で作られているので共通する部分が多いようです。

そのため、ベアルン基準で考えると副兵装枠を持っている可能性が高く、副砲か航空機を装備できるタイプかもしれません。

あとは最近実装されたオーディンのように主力艦でありながら魚雷を装備可能なタイプで、なおかつ「特殊副砲」と呼ばれる強力な内部副砲を有している可能性も捨てきれません。

いずれにせよ、ロイヤル空母としては新しいタイプになると思われ、個人的にイーグルの期待値はかなり高いです。

ヴァリアント

最後になりますSR戦艦ヴァリアントはクイーン・エリザベスの姉妹艦で、アズレンだと好敵手という設定のようです。そのあたりがスキルに反映されるのかなと思います。

新機軸のヴァリアントロイヤル編成を組めるスキルを持っていたら嬉しいです。

QEロイヤルがステータス有利で勝負する編成なので、ヴァリアントは何かに特化した効果になるかも。あるいはQEに求められている特殊弾幕スキルを持った戦艦になることも考えられます。

ヴァリアントもQEに似た強力なバフスキルを持っていた場合、同時編成の二重バフでステータスによるゴリ押しができそうです。ただし、この場合は主力がSR戦艦2隻でパワーに欠けるため、前衛中心で勝負することになりそう。

同じく姉妹艦のウォースパイトとは、衝突したり一緒に作戦に参加したりと少なからず縁があるようです。衝突を反映したスキルはちょっと考えるのが難しいですが、何かバフくらいはあるかもしれませんね。

さいごに

久しぶりのロイヤル大型イベントが開催されます。新しく登場する艦船によって新しいロイヤル編成が生まれそうな予感がします。

今年7月に入ってから計画艦三期でドレイクとチェシャー、今回のイベントで新規6隻が追加、ロイヤル陣営が大いに盛り上がっているのは喜ばしい限りです。