肇和の性能評価

アズールレーン(アズレン)に登場する東煌艦船「肇和(チョウホウ)」の性能評価です。ステータスやスキルの情報、おすすめ装備・編成を掲載しています。肇和の入手方法進水日声優イラストレーターなどの詳細情報も役に立つかも!

プロフィール-Profile-

肇和のキャラクター情報を掲載しています。リンク先は肇和の公式イラストレーターさんや声優さんの関連ページ(SNSやwikiなど)に通じています。一部で起工日・進水日・竣工日が間違っているかもしれないので注意。

艦船肇和
ROC Chao Ho
艦種軽巡
陣営東煌
レアリティSR
入手方法「母港春節」期間限定小型建造
実装日2021年2月4日
改造日未定
起工日1910年11月7日
進水日1911年10月23日
就役日1912年2月21日
CV・声優森嶋優花
イラスト・絵師全班最菜嘤嘤嘤
SD

イラスト-ILLUST-

肇和のイラストや着せ替えスキンを掲載しています。

イラスト変更 アズールレーン_肇和 梅照春枝

ファンアート

リンク先のサイトで肇和のイラスト検索結果が表示されます。肇和の絵を探してる人は利用してみてください。

ステータス-Status-

肇和の最大強化レベル120愛のステータスを掲載、改造が実装されている艦船は改造後の能力を表示

Lv 補正

肇和
耐久2538装甲中装甲装填139
火力70雷装232回避70
対空128航空0燃費9
対潜72命中155速力20
幸運20
装備/補正値/最大数
軽巡主砲100%2
駆逐副砲90%1
魚雷80%1
限界突破
初段全弾発射スキル習得/主砲補正+5%
二段主砲砲座+1/主砲補正+10%
三段全弾発射弾幕強化/主砲補正+15%
備考【内蔵対空砲】補正50%/威力23/射程25/攻速1.0s

性能測定

参考程度に上記ステータスから肇和の回避率/命中率/CRT率(クリティカル)/総耐久(回避率を考慮した実質耐久)を測定
仮想敵は回避100/命中100/幸運50/レベル差0で固定

回避率28.86%
命中率67.31%
CRT11.27%
総耐久3567

スキル-SKILL-

肇和のスキルについて解説します。

祓厄断然

祓厄断然 戦闘開始時、自身の火力・対空が25%アップ;戦闘中20秒毎、特殊弾幕Lv.10を展開する(威力はスキルレベルによる)
弾種威力補正軽/中/重(%)修正
徹甲弾18×8100%100/80/70100%
貫通1
徹甲弾18×8100%100/80/70100%
貫通0
魚雷62×2100%80/100/130100%

肇和_特殊弾幕_祓厄断然

戦闘開始から火力・対空25%アップ。20秒毎に特殊弾幕を発動する。

特殊弾幕は魚雷と砲撃を行う。
魚雷は近くの敵(人型優先)に向けて2つ発射。
青色弾と黄色弾は固定軌道、交差するように飛ばす。どちらも徹甲弾属性らしいが、黄色のほうだけ貫通効果がある模様。

ちなみに肇和と応瑞の特殊弾幕は同じ性能で、肇和は青色弾が上で黄色弾が下、応瑞はその逆パターンになっている。

肇和_応瑞_特殊弾幕

舞扇、歌に乗せて

舞扇、歌に乗せて 戦闘開始時、自身の回避が20%アップし、戦闘終了時まで自身が受けるダメージを20%軽減する;味方艦隊に他の東煌艦船がいる場合、戦闘開始時自身の耐久が最大値の5%回復、自身の速力が8アップし、50秒間艦隊全員の対潜が20%アップ

常時発動

戦闘開始から回避20%アップ、自身が受けるダメージ20%軽減。性能測定の条件で回避率28.86%→33.23%、軽減込み総耐久3567→4751。

東煌編成

味方に他の東煌艦船がいる時に発動する。2021年2月15日時点で東煌艦船の主力艦が存在しないため、発動には肇和+東煌前衛が必須。

回復効果は1回5%、耐久2538で約126。初戦は機能しないと仮定し、5連戦だと合計504回復する。

速力20→28。これでも軽巡としてはかなり低い。

50秒間、対潜20%アップ。対象が全員と多く、有効な編成を組めれば強力な効果と言える。前衛は駆逐・軽巡、主力はウォースパイト改ウォースパイト改と軽空母で固めるのが理想。

全弾発射-肇和型II

全弾発射-肇和型II 自身の主砲が12回攻撃する度に、全弾発射-肇和型IIを行う
弾種威力補正軽/中/重(%)修正
通常弾15×24125%100/80/60100%
徹甲弾15×24125%75/110/75100%
貫通0

全弾発射-肇和型II

弾幕は発射数が多く優秀だ。
肇和型は主砲砲座2なので主砲リロード6セットで発動する。

総合評価-ALL_ratings-

肇和の総合評価をまとめています。

評価:★★★

基本性能

東煌陣営に新しく加わった軽巡洋艦肇和肇和応瑞応瑞。彼女達は他の軽巡と異なる特徴を持っている。

燃費は普通のSR軽巡より1安く、ステータスは軽巡の標準値を下回る。能力の低さはスキルである程度カバーできるが、他の艦船を大きく上回るような強さは持たない。スキルで強化してようやく戦闘に出せるレベルといった感じ。

低耐久中装甲ということで弱点が多い。主に魚雷・航空の被ダメージが大きく、不意の炎上や接触ダメージが驚異になる。有利な点は駆逐・軽巡の通常弾や榴弾に耐性があること。

攻撃性能

装備スロットは軽巡主砲/駆逐副砲/魚雷という構成だ。限界突破で【主砲砲座+1】を獲得し、副砲型軽巡のようになる。魚雷もあるので攻撃特化の艦船と思いきや、装備の合計出力はフェニックスフェニックスに劣る模様。装備補正と火力が低すぎるのが問題か。

装備の出力はイマイチだが、わりと強い全弾発射と特殊弾幕スキルを持つので、総合的な攻撃性能は悪くない。燃費9で使える軽巡の中では手数が多く、格下の処理能力は高いものと考えられる。

内蔵対空砲

肇和は対空砲を装備できない。
【内蔵対空砲】で戦うことになるのだが、その性能は「補正50%/威力23/射程25/攻速1.0s」というもの。出力は対空値160で約30ダメージ、カスである。

さらに対空砲サークルの大きさは艦隊内にある対空砲射程の平均を取るため、肇和型の艦船を入れるとサークルが小さくなる。

対空砲サークルの比較

航空ステージに連れて行っても足を引っ張ることになるだろう。

装備-Equipment-

肇和のオススメ装備、候補一覧からお好みで装備を組み合わせると良いです。

軽巡主砲

試作型三連装152mm両用砲Mk17 T0試作型三連装152mm両用砲Mk17 T0
研究2期の榴弾主砲
1回の反応で3発×2連射する
試製152mm三連装砲 T0試製152mm三連装砲 T0
研究1期の徹甲弾主砲
威力と攻撃速度のバランスが良い
150mmTbtsKC/36連装砲 T3150mmTbtsKC/36連装砲 T3
軽巡の基本装備
標準的な威力と発射数を持つ徹甲弾

駆逐副砲

127mm連装両用砲MK12 T3127mm連装両用砲MK12 T3
榴弾主砲、火力20、対空25
ダメージと攻撃速度のバランスが良く入手しやすいのが利点
138.6mm単装砲Mle1929 T3138.6mm単装砲Mle1929 T3
通称:アイリス砲
火力+35、DPSに優れる榴弾属性の駆逐主砲
130mm連装砲B-2LM T3130mm連装砲B-2LM T3
基本DPSが最も高い
通常弾属性なので重装甲以外の敵に有利

魚雷

533mm四連装磁気魚雷 T3533mm四連装磁気魚雷 T3
攻撃速度に優れる磁気魚雷
下手でもフルヒットが狙いやすい
533mm五連装磁気魚雷 T3533mm五連装磁気魚雷 T3
通称:虹魚雷
発射数が多く敵に誘導するので当てやすい

設備

強化油圧舵 T0強化油圧舵 T0
回避+40、耐久+60
20秒毎に30%の確率で発動、2秒間全ての攻撃を回避する
応急修理装置 T3応急修理装置 T3
耐久+500
15秒毎に耐久が最大値の1%回復、海域の連戦で頼りになる
バルジ T3バルジ T3
耐久+350
受ける魚雷ダメージを30%軽減する
頻繁に魚雷が飛んでくるなら装備したい
消火装置 T3消火装置 T3
耐久+266
炎上ダメージ20%軽減、炎上発生率30%低下、炎上時間を6秒短縮する
炎上する危険性があるなら装備しておきたい
情報レポート・北極要塞 T0情報レポート・北極要塞 T0
耐久+180、火力+20、セイレーンから受けるダメージを6%軽減する
自動装填機構 T3自動装填機構 T3
装填+35、火力+7
装填アップによって装備者の全てのDPSが向上する

編成-Formation-

肇和入りのオススメ編成を紹介

準備中