2022年アズレン開発への怒りをぶちまける

今年の不満は今年のうちに!ということで、アズレン開発への怒りをぶちまけます。

基本的にアズレン開発からは良いものを作って提供しようという気概を感じます。しかし、開発と一口に言っても様々な部門があるのか、どうも一枚岩では無い模様。

今回私が怒りをぶちまけたいのは、艦船や装備の性能、スキルの内容などを考え、実装している人達。この分野においてはあまりいい印象がありません。

好きなゲームの悪口を言われるのが嫌な人は見ないでください。また、私の怒りや不満はキャラクターに対するものではなく、全て開発に向けているものです。キャラクターに罪は無く、悪いのは設定した開発と考えています。

ご理解の上、読み進めてください。

こちらは動画視聴がおすすめです!

カリブディス

キレ度:★★★★

2022年最初のブチギレ案件。この当時、ロイヤル陣営は冬の時代。そこへ、久しぶりに登場した新規ロイヤル軽巡カリブディスカリブディス。しかもSSR、しかもメイド、しかもめちゃくちゃかわいい。

当然、期待は大きかったのですが、調整不足のクソスキルを掴まされたことで、ロイヤルおじさんの逆鱗に触れる。

カリブディスのスキル「こんなところに渦が…?」が発動すると、ランダムな敵1体の足元に渦潮を発生させ、範囲内の敵を渦潮の中心に引き込めます。敵を強制移動させるスキルは珍しく、効果が強ければ使い道はあったはず。

しかし、このスキルには主に5つのクソポイントがあります。

1つ、持続が短い。
2つ、ランダムターゲット。
3つ、範囲が狭い。
4つ、発動率が絡む。
5つ、開発次第。

渦潮の発生時間は1秒。渦潮が消えれば、敵は動き始めるので、足止め効果としては心許ない。さらに範囲が狭いので、複数の敵を巻き込み、1つの場所に留めることも難しい。

ぶっちゃけどれだけ考えても、使えるかどうかは開発次第。開発側が停止敵を並べて配置してくれるなどの接待をしてくれない限り、無理。

このスキルは今でももったいないと思います。上方修正はよ。

ドレイク

キレ度:★★★★★

2022年5月、ドレイクドレイク待望の竜骨編纂が実装。

ドレイクは攻撃力と生存力に優れるDR重巡です。悲しいことに、実装時点でDR超巡吾妻というライバルが存在しており、翌年にはエーギルやアンカレッジが注目され、ドレイクが目立って活躍する機会はほとんどありませんでした。

そんなドレイクだからこそ、竜骨編纂への期待は大きい。竜骨編纂で得たものは…。

・配置条件が撤廃されて常時最大バフ
・フリントバーストの回復量15%⇒20%
・全弾発射発動に要する攻撃回数8回⇒6回
・ロイヤル3隻以上で自身の主砲補正10%アップ

ロイヤルおじさんはキレた。

何がダメだったのか。言い出せば切りがありません。1番致命的なのは味方補助能力を一切持っていないこと。これだとエーギルやアンカレッジと並ぶのは無理。わざわざドレイクを強化30にして、竜骨編纂をする価値が無い訳です。

この件は多くのユーザーが不満を挙げたのか、実装から1週間で修正されました。

修正内容は「ロイヤル3隻以上で自身の主砲補正10%アップ」を撤廃。新たに「特殊榴弾の軽装甲・中装甲の対甲倍率15%アップ」を習得。修正はこれだけ。

ロイヤルおじさんはブチギレた。

違う、そうじゃない。

重巡・超巡の中で1番攻撃性能が高くても、砲撃シールドが苦手なのは変わらないし、将来的にインフレの波に飲まれるだけ。エーギル・アンカレッジの採用率に迫ることはできません。

超巡が台頭し、重巡という艦種がどれだけ不利で厳しいか、開発が理解していないこと。その事実に怒りのボルテージが増すロイヤルおじさん。

結局そのあと、ドレイクの修正が行われることはありませんでした。さらに予想通り、攻撃性能は専用装備が実装されたウィチタやノーザンプトンIIに迫られ、補助能力の有無を含めたらドレイクが不利になることも。

ドレイクのことは残念に思いますが、この問題があったからこそ、DR軽巡プリマスが強くなった説があります。プリマスが活躍しているのを見ていると、ドレイクにもこんな未来があったかもと、思ってしまいます。

セリ・グロース

キレ度:★★★

2022年11月に実装されたライザのアトリエコラボキャラ「セリ・グロースセリ・グロース」。

セリ・グロースは味方がAP消費スキルを使うと、木精を獲得して弾幕スキルを発動。木精が5個になると、それを消費してビーム攻撃を行います。

しかし、実際に使ってみると、不具合でスキルが発動しない、ビームの威力が低い上に火力参照で弱いといった調整ミスが目立ちます。

ただでさえ強さに期待できないSRなのに、戦闘力を十分に発揮できないことが、ロイヤルおじさんの怒りに触れる。コラボ先に失礼だろ。

この件は動画でも解説しているため、知っている人もいるでしょう。お問い合わせしてくれた人もいるはず。ありがとうございます。

コラボイベントが終わり、改めて試してみたところ。不具合の修正も無く、ビームの設定も変わらないままでした。この事実で余計に怒りのボルテージが上がる。

専用装備

キレ度:★★★

コラボを除くと、今年実装された専用装備は23種類あります。その中でも特に酷いと思ったのが、カールスルーエと長良の専用装備です。

カールスルーエの専用装備は2022年9月、長良のほうは2022年12月に実装されました。

どちらもスキル強化は火力全開で、追加効果は特別強くありません。むしろ発動率60%が足を引っ張っているせいで、強化されたはずなのに、なぜか弱くなったような錯覚さえあります。

レアリティが低いからといって、専用装備による強化を台無しにするのはあり得ない。

レアリティが低い艦船は既にステータスが低く設定されており、スキルも数が少なく質が低いというハンデを背負っています。専用装備までレアリティを考慮して調整したら性能格差は開くばかり。そんなのは考えればわかること。

それがわからない頭おちんちんな開発にロイヤルおじさんはキレた。

はっきり言ってこれは、強化を楽しみにしている人を裏切る行為です。専用装備を作る費用も馬鹿にならないし、真面目に強化する気がなければ手を出さないでもらいたいところ。

開発側の視点で考えても、せっかく実装したもので文句を言われるより、喜んで貰えるほうが圧倒的に良いはず。それなのに、このような強化になってしまうのは不思議でしょうがないです。

拗らせ過ぎ

キレ度:★★★

アズレンの開発にはちょっと拗らせた人が多いのか、スキルに無駄な条件設定を設ける傾向が見られます。

強力な効果を得るのに条件が伴うのは理解できますが、スキルを見ているとその条件設定は必要なのか?条件を満たしてもリターン小さくね?と、疑問に思うことが多々あります。

例えば、SR重巡ボルツァーノボルツァーノは、主砲攻撃というアクションをトリガーに、2秒間という条件付きで回避15%アップを得ます。

これはなぜ、常時回避15%アップではダメだったのか?ほかの効果が強くて、おまけとしてこのような効果が付いているのなら納得できます。しかし、ボルツァーノが持つ効果は火力全開と徹甲弾20%軽減に、この回避アップが付いているだけ。アズレン5年目とは思えない、擁護不可能な性能です。

条件設定が厳しいだけでなく、開発側が効果を理解していない、使う状況を想定できていない、そんなふうに思うスキルもあります。

例えば、SR駆逐艦のエマヌエーレ・ペッサーニョエマヌエーレ・ペッサーニョの防御スキルを見てみましょう。自身以外の前衛がダメージを受けて耐久20%未満になると一度だけ発動、8秒間その艦船が受けるダメージを50%軽減。

ありがちな発動条件ですが、ほかの前衛が耐久20%未満になるような過酷な状況。エマヌエーレ・ペッサーニョはどうなっているか想像してください。駆逐艦の耐久では既に倒れているかもしれません。そもそも、そんな過酷な状況でエマヌエーレ・ペッサーニョを使いたいと思う人がいるのか謎です。

仮にエマヌエーレ・ペッサーニョが生存してても、既に耐久20%未満の艦船に軽減50%を付与しても、実質生存力は30%未満。しかも、8秒間という条件付き。

こんな限定的な効果にするなら、普通に10%回復でいいじゃんと、誰もが思うことでしょう。

開発の条件設定があまりにも下手過ぎて、ロイヤルおじさんはキレながらブログを書く日もあるとか。

おわりに

久しぶりに言いたいことをぶちまけてすっきりしました。

今回紹介したものは氷山の一角。

アズレン開発の拗らせによって、被害を受けた艦船は数多く存在します。そしておそらく、それらが上方修正を貰うことは無いでしょう。

願わくは、今後実装予定の艦船達が拗らせ被害に遭わないよう祈るばかりです。

  1. 匿名 より:

    ドレイクはガッカリでしたね
    最高クラスの尻を持っているので愛でていたのですが、今はその尻は眺めるだけに…
    能力は諦めるから、L2Dにならないかなぁ

    • コメントありがとうございます。

      ドレイクはなんだかんだ言っても強い部分はあるので、出せるチャンスがあれば試すけど、最終的に他の艦船を使ってることが多い笑
      新しいおしりスキンが欲しいです。

  2. 匿名 より:

    長良取り上げたのは素直に嬉しかったですね
    建造で出てから未だに第一秘書を意地でも降ろさないほど好きな娘だったから
    待望の専用装備ときたらマジでガッカリだったからキレたのは同じ気持ちです
    開発側に拗らせたスタッフがいるのは間違いないでしょう
    ただ現イベントでのセカンド艦種がきて既存KAN-SENリメイク強化がきたからまだ希望は見失わずに済みそうです
    それよりスキンもっとください

    • コメントありがとうございます。

      拗らせてる人がいる上に、GOサイン出してる人はアズレンやってなさそう(笑)

      II型は後継機が無いと実装は難しいかもしれません。

  3. 匿名 より:

    結局今年も改は少なかったなあ…
    金剛とかのレア度と燃費があってないキャラの改ずっっっっっと待ってるのに…
    専用装備や2の登場でますます少なくなりそうで哀しみ

  4. 匿名 より:

    今年もうちの嫁に衣装や改造こなかったのは許されない。マッコールちゃんを崇めよ!!

    USSジュノーさんの改造や、ロンドンさんの花嫁衣装を予告無しで出してきたのも許さんがな!!

  5. 匿名 より:

    専用装備はもともと性能面で古くなったキャラたちの救済の側面が強いでしょうから、もっとぶっ壊していっていいと思うんですけどね
    どれもこれも悪くはないけど物足りないor作る価値なしレベルに落ち着いてしまってる印象が強いです
    開発艦一期とウォースパイトの強化とか、期待したいといえばしたいんですが…

  6. 匿名 より:

    ドレイクはセ作で雑に入れて使ってます
    普通にダメージ出してるので、そこそこ気に入ってます

  7. 匿名 より:

    確かにドレイクの採用率低いですね。
    ロイヤル編成で全体に陣営バフかかる時にしか使ってないくらいです。
    対META戦では、私も採用候補にすら入ってません。どう足掻いても、総合的には同レア度の超巡の方が優秀ですので……。
    なんなら最近、ロイヤル編成すら使ってない……いい加減QEに改修でも実装してくれれば……

    • やっぱり補助能力が無いとキツイんよ。
      特殊炎上中の敵に受けるダメージ10%アップを付与するとか、そういう攻撃補助があればエーギル並みに使えるんだけどね。

  8. 匿名 より:

    今年は記事のキャラ性能周りと言い
    4月の塔イベントみたいな山無し意味なしオチ無しのつまらない会話をダラダラ見せられてウンザリしたり開発に失望した一年でした。
    個人的に一番酷いと思ったのは鎮海の紛うことなき産廃性能ですね。あれどうやってもまともに運用出来るわけないだろってウンザリしました。真面目に開発会社総取替えしないとまずいんじゃと本気で思ってました。Ⅱ型艦船で少し持ち直したけどマイナスの印象のほうが上回ってます。

  9. 匿名 より:

    そもそも重巡にテコ入れしないと駄目なのでは
    エーギルが単独で強すぎるせいで他の超重すら殆ど使われないんですよね
    クロンとか引かなくて良いと思えるし

    • 重巡と超巡の役割が被ってたら、あとは性能高い超巡を使うよねー。
      クロンシュタットは攻撃力の高さと地味に火力ダウンによる生存補助が効くので、二枚目以降の超巡として使われます。
      セ作もあるから超巡は複数いても困らないです。

  10. 匿名 より:

    アズレンが好きでずっとやってるからこその怒りだもんな。ここはもっとこうなったら良いのに、なんて好きで熱が無かったら言ってないと思う。俺もスキル調整じゃないけれど、ニコニコ綾波イベントが半端なとこで止まってるの救済してくれるの待ってるよ。

  11. 匿名 より:

    無限ひよこはそろそろなんとかしろやと思う。🐣🐤🐥💢
    あとII型は改造の延長とかにして欲しかった。もしくはmetaみたいに特殊な方式での入手とか

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

タイトルとURLをコピーしました