はじめに

この記事では、アズールレーンのユーザーIDと引き継ぎパスワードを忘れてしまった時の解決策を紹介します。

ゲームにログイン出来ない、アプリを削除してしまった、端末を壊してしまった、他の端末にアカウントを引き継ぎたい、一度辞めたけど前のデータで遊びたい、そんな人におすすめの記事です。

私も一度アプリを削除してしまいIDとパスワードが分からない状態でした。ですが無事にアカウントの復旧に成功して、今もゲームを楽しんでいます!

アズールレーン関連記事



ゲームデータは残り続ける

アズールレーンのゲームデータはサーバー上に残り続けるので、アプリの削除や端末を破棄しても消えることはありません。

遊んでいたサーバー名、ユーザーID、引き継ぎパスワードが分かればログインできます。

運営は何かあった時の為にIDとパスワードのスクショを推奨していますが、それを忘れていても大丈夫です。

運営に問い合わせればIDとパスワードを教えてくれます。

この記事では運営に問い合わせる時の手順を教えます。

問い合わせの準備

運営に問い合わせてIDとパスワードを教えてもらうには、ゲーム内情報をどのくらい覚えているかが重要になります。以下の項目を確認してメモ帳などに書き出してみてください。

遊んでいたサーバー名(横須賀、佐世保など)
指揮官名と指揮官レベル
設定した誕生日
ダイヤ購入情報(購入情報が分かるものがあると良い)
・最後にやった行動と時間
・最後にドロップした艦船
所持しているキャラとレベル、結婚の有無、所持アイテム、装備数
・通常海域の攻略状況
ゲーム開始日時
・その他アカウントを特定できる情報など

赤字は重要になりそうな項目、覚えていることが多いほど有利です。
上記は運営が聞いてくる項目の一部、実際はもっと多くのことを聞かれます。でも分からなければ分からないで大丈夫です。
ブロッコリーキャラクタースリーブ アズールレーン「赤城」 パック[ブロッコリー]《05月予約》
ブロッコリーキャラクタースリーブ アズールレーン「赤城」 パック[ブロッコリー]《05月予約》

運営に問い合わせる

まずはアズールレーンの公式ツイッターを表示して、自己紹介に書いてある問い合わせ先のメールアドレスを見つけます。
公式ツイッター→@azurlane_staff 
そのメールアドレス宛てにメールを送ります。

メールの一例(そのまま送らないでね!


アカウントに関する問い合わせです。
端末を紛失してしまいIDとパスワードが分からなくなりました。
どうにかして新しい端末にアカウントを引き継ぐことはできませんか?
よろしくお願いします。

サーバー名:〇〇
指揮官名:〇〇


最初にメールを送る段階ではサーバー名と指揮官名だけ添えておきましょう。

運営がどう思うか分かりませんが、IDとパスワードを教えて欲しい!というような直接的な内容は避けた方が良いです

あくまで困ってる感を装うのがポイントです

返事が来たら

私の場合、最初のメール送信後10分以内に返事が来ました。
ここで詳細な情報を要求されるので可能な限り書いて返信します。
分からない情報は省いても大丈夫です。

アズールレーンで課金したことがあるなら、それは本人証明として最も有効だと思います。
課金した時のレシートメールや購入画面のスクショをメールに添付して送りましょう。
他にも寮舎の拡張状況やダイヤで購入した商品など、本人にしか分からない情報は有効です。

詳細情報を返信後、運営側でアカウントの特定と本人確認が認められるとIDとパスワードが記載されたメールが届きます
念の為すぐにログインしてアカウント情報を確認します。
無事に引き継げたら運営に引き継ぎ完了の知らせとお礼のメールを送るとよいでしょう

私の時は最初の問い合わせからお礼のメールを送るまで、全て含めても2時間以内で完了しています。
この対応速度にはかなり驚きました。
アズールレーンの運営が優秀と言われるのは、こうした対応の良さから来るものなのでしょうね。
ブロッコリーキャラクタースリーブ アズールレーン「加賀」 パック[ブロッコリー]《05月予約》
ブロッコリーキャラクタースリーブ アズールレーン「加賀」 パック[ブロッコリー]《05月予約》

まとめ

アズールレーンのアカウントはIDやパスワードを忘れても、ゲーム内情報を詳しく覚えていれば復旧できます。
ただし、あまり運営に迷惑をかけるのは良くないので、IDとパスワードのスクリーンショットは残しておきましょう。

また、最近ではTwitter連携という機能が追加されました。
これはTwitterアカウントを所持していれば誰でも利用できます。
利用するとIDとパスワードを使わず、Twitterアカウントでゲームにログインできます。
こちらはあらかじめゲーム内で設定する必要があるので、いざという時に備えてやっておくと良いでしょう。