アズールレーン_救助信号_救援任務海域

アズールレーンのアップデートにて、救助信号で好きなステージを選択できるようになりました。そこで、以前から気になっていた救援任務海域のSSRドロップ率を調べてみることにしました。

情報提供

個人でやるつもりでしたが、ダメ元で協力者を募集してみました。

救助信号には自動周回が無く、出撃確認スキップすらありません。誰も協力してくれない可能性すらありました。

しかし、意外にも協力してくれる人が多く、一部の人はこの日以降も断続的に情報提供してくれました。本当にありがとうございます。

ドロップ率

救援任務海域のSSR艦船ドロップ率は以下のようになりました。

海域 挑戦 SSR 1周あたり
8章(個人) 64 2 3.13%
8章 72 0 0.00%
6章 32 1 3.13%
3章 72 2 2.78%
合計 240 5 2.08%

アズールレーン_救助信号_救援任務海域_SSR

8章は私個人と協力者で分けています。4月25日までSSR0でしたが、26日に回していたら2連続でドロップしたため、かなり偏った結果になりました。8章のデータを合わせるとSSRドロップ率は1周あたり約1.47%、協力者のSSR0が響いてます。

6章は一番データが少ないので信用度は低いです。でもまぁ、運が良いとこのくらいで出るイメージがあります。

3章は単独で40回分のデータを提供してくれる人がいました。その人のデータだけ見ると、SSRドロップ率は2.5%です。

海域毎にドロップ率が違う可能性もありますが、合算してみると1周あたり約2%でSSR艦船がドロップ。8回連続で挑戦した時、SSR艦船が1隻以上ドロップする確率は約15%です。

通常海域のSSR艦船ドロップ率は約1%と言われています。救援任務海域で約2%なら燃費的に○、魚雷設計図という副産物も得られるのでお得感があります。

魚雷設計図

魚雷設計図のドロップ率に関しては、大陸ユーザーが検証しているものがあったので以下を参照してください。

大陸データ

このデータによると、金魚雷と紫魚雷のドロップ率はだいたい同じくらい。挑戦する海域の難易度が高いほど設計図のドロップ率が高く、8章だと20%以上、10章だと25%以上となるようです。

不満点

救助信号をやってると色々と不満に思うことがあります。

受信頻度

救助信号の受信頻度が多いと思いました。全消費して2日ほどで8つ溜まってることもあってうんざり。

1周間あったら20以上ですから、そんなに遊んで欲しいなら遊びやすくしてくれよ!という気持ちが湧いてきます。

艦隊枠

事情あって艦隊枠が足りないため、遊ぶ時は毎回編成を組み直していました。受信頻度が多いだけあって、編成を組む頻度も増し、面倒に感じます。

自分都合で言えば、現在の艦隊枠を8~10くらいに増やしてくれたら、救援専用の固定編成を残せて、編成の手間を省けるのですが…。

古い

安全海域、出撃確認スキップ、自動攻略といった便利機能が無い古いコンテンツなので、長く遊び続けるには根気が必要だと思いました。

もしも、1種6本ずつ金魚雷を作ろうとしたら、救助信号と通商破壊を欠かさずやっても8ヶ月掛かる計算です。とりあえず1種2本ずつ計6本で見ても約3ヶ月掛かるかと。

昔ならともかく、コンテンツが増えた今のアズレンで、そこまで付き合ってくれるユーザーがいるかどうか…。

今となっては遊びにくい部分が目立つので調整が望まれます。

感想

データを取る前はSSRドロップ率は1周あたり体感5%くらいと予想していましたが、結果は全体で約2%、運が良い時は約3%でした。

通常1%→救援2%だとドロップ率は2倍ですが、元の数値が低いので劇的に変わるかと言われると微妙です。でも、限定建造のpick upと同じ確率と考えたら、10~20回したらなんか出るイメージが湧いてきますね。

今回の検証はデータとしてはまだまだ不十分なので、個人でもう少し続けていく予定です。その間に遊びやすくなってくれることを祈ります。