【アズレン】重巡主砲:203mmSKC連装砲[T3]【性能評価】

203mmSKC連装砲[T3]

アズールレーンに登場する重巡主砲「203mmSKC連装砲[T3]」について、ステータスや総合評価をまとめています。

おすすめ装備一覧

ステータス

重巡主砲「203mmSKC連装砲[T3]」のステータス(強化+10)。

重巡主砲
203mmSKC連装砲[T3]
203mmSKC連装砲[T3]
火力45
攻速:7.65s
硬直:1s
徹甲弾
鉄血
弾薬速度:22
特性:追尾
照準範囲:70
威力:50×6
照準角度:40
補正:110%
弾薬射程:40-60
修正:100%
拡散角度:15
対甲倍率75%110%75%
ダメージ354522354
DPS39.558.339.5
入手方法
クラップ/兵装開発
設計図
7-3/8/4
203mmSKC連装砲[T3]

強化+13で補正130%

総合評価

重巡主砲「203mmSKC連装砲[T3]」の総合評価。

評価:★★★

基本性能

装備箱から入手可能な徹甲弾主砲。

2発×3連射型、弾道はやや拡散するものの、適正距離ではフルヒットを狙いやすいほう。距離が離れ過ぎると拡散の影響で外れる、弾薬射程で弾が消滅する、といったことが起こります。

フルヒット威力300と艦砲補正110%は優秀。徹甲弾なので、1回貫通する効果を持っていることもポイント。

対甲倍率は中装甲に強く、他は低め。他の重巡主砲の対甲倍率はこんな感じ。

主砲 軽装甲 中装甲 重装甲 平均
徹甲弾 75% 110% 75% 86.67%
榴弾 135% 95% 70% 100.00%
チェシャー砲 115% 110% 90% 105.00%
ドレイク砲 115% 115% 95% 108.33%

徹甲弾は対甲倍率の平均値が低く、中装甲以外の打点が低いです。

使い分けるとしたら、試作型234mm三連装砲[T0]試作型234mm三連装砲[T0]を持っていなければ、中装甲単体に徹甲弾を選ぶのは有り。複数相手だと、手動操作で貫通頻度を高くできるなら徹甲弾といった感じ。

撃ち切り時間

『集中攻撃』系スキルが発動すると約3.5秒間(赤エフェクトが消えるまで)、主砲ダメージアップ。主砲砲座2の場合、砲座1で発動すれば続く砲座2にも効果が適用されてお得。ただし、弾が当たる前に効果時間が切れると無効。

203mmSKC連装砲改[T0]203mmSKC連装砲改[T0]203mmSKC連装砲[T3]203mmSKC連装砲[T3]の撃ち切りに要する時間は約2.6秒なので、『集中攻撃』系スキルを持ってても基本的に余裕があります。

ただし、戦闘中に主砲を撃てない時間が生じると、砲座1と砲座2の間隔が開いて、撃ち切りに要する時間が長くなります。これによって『集中攻撃』系スキルの効率が僅かに低下することがあります。

徹甲弾は厳しい

徹甲弾の貫通を活かすには位置取りが重要なので、オート操作では非効率的。

アズレンは敵を減らして全滅を狙うゲームなので、自然と敵の数は減っていき、終盤は貫通を活かすことが難しくなります。

燃料消費上限のあるステージではフル編成周回が基本。通常、敵艦の処理速度は味方が多いほど速くなるため、フル編成周回では徹甲弾の貫通を活かすのは難しいです。

ステージによりますが、中装甲・重装甲は耐久1万~2万近くなります。前衛の攻撃だけで倒すには時間が掛かり、主力の攻撃に頼ることになるでしょう。つまり、徹甲弾で中装甲を処理できないなら、あまり装備してもしょうがない訳です。むしろ主力の攻撃を通すために、邪魔な軽装甲を処理しやすい榴弾のほうが良いと考えられます。

総評

早い段階で「203mmSKC連装砲[T3]」を入手できたら、とりあえず装備して使うと良いでしょう。

ただし、徹甲弾の特性はゲームと噛み合っているとは言えません。特にオート操作で貫通目的という使い方は微妙。

オート操作で重巡を使いたい人は、やはり榴弾やチェシャー砲による軽装甲各個撃破が無難と思われます。兵装開発で作れる榴弾だと、試製203mm連装砲(三号)[T0]試製203mm連装砲(三号)[T0]か、1つ前の203mm連装砲改を使うと良いかと。

相性の良い艦船

重巡主砲「203mmSKC連装砲[T3]」と相性の良い艦船。

おすすめ装備一覧

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

タイトルとURLをコピーしました