はじめに

お世話になっていますロイヤルおじさんです。

今回はアズールレーン炎上に関する記事です。

なぜ炎上するのか、炎上する確率は?炎上対策や炎上ダメージの計算式といった内容をこの記事1つにまとめています。

海域攻略や演習で炎上に悩まされている、炎上を上手く使いたいという人におすすめの記事です。

炎上関連スキルを持つ愛宕ベルファストを使うときにも役立つと思います。

炎上状態

艦船が発射する砲弾には通常弾、徹甲弾、榴弾の三種類があります。

この3種類の内、炎上状態にするのは榴弾だけです。

炎上状態15秒間続き、3秒毎にダメージを受けます。15秒間で合計5回ダメージ受けるので侮れません。

炎上状態を解除する方法は炎上してから15秒経過するか、戦闘を早く終わらせることだけです。

炎上する確率

榴弾による炎上確率は砲の種類で変わります。艦種や装甲は炎上確率に影響しません

砲は基本的に同時または連射で複数の弾を発射するものが多いです。

なので1発目の炎上確率と2発目以降最低でも1回炎上する確率を表にしてみました。

最低でも1回炎上する確率
1発2発3発
駆逐砲1%2%3%
軽巡砲3%6%9%
重巡砲8%15%22%
戦艦砲50%75%87%
ベルファスト6%11%17%
愛宕20%36%49%

この表を見れば戦艦砲とそれ以外の砲で大きな差があることが分かります。

戦艦はこの炎上確率故に榴弾主砲を装備するのが安定択と言われています。

砲が変われば炎上確率も変わります。例えば、駆逐艦Z23は駆逐砲か軽巡砲のどちらかを装備できる特別な艦船少女です。

Z23軽巡砲を装備すればしっかり軽巡砲の炎上確率が適応されます。

これは戦艦の副砲にも言えることです。副砲に装備した駆逐砲または軽巡砲の炎上確率が適応されます。

愛宕ベルファストは炎上確率が上がるスキルを所持しており、発射した榴弾全てにスキルの効果が乗ります。

表ではスキル最大強化の愛宕ベルファストの炎上確率を乗せてあります。


対策方法

榴弾でダメージを受けると炎上するので、単純に考えれば榴弾を回避することが炎上対策になります。

元から回避値の高い駆逐艦はこの対策が現実的に可能です。それ以外の艦だと回避値か回避率を上げる設備またはスキルが無いと厳しいです。

また、どれだけ回避値が高くても命中率は最低でも10%が保証されています。

駆逐艦でも運が悪いと敵戦艦の榴弾で燃やされ、15秒で瀕死の状態に陥ることがあります。

榴弾を回避するという対策も良いのですが、アズールレーンには炎上対策用の神装備が存在します。

それがこのT3消火装置です。

消火装置

T3消火装置を装備すると炎上ダメージ0.8倍炎上確率30%減炎上状態6秒短縮によって炎上ダメージが2回減ります。

消火装置を装備すれば戦艦砲以外の榴弾で炎上する心配が無くなり、炎上しても合計で52%も被害を減らすことができます。

愛宕ベルファストのスキルはどのような処理になるのか分かりません。スキルが先で消火装置が後の処理だと炎上確率は0%、その逆だとスキルの増加分だけ残る感じでしょうか。

消火装置は対炎上においては回避値や回避率を上げるよりもお手軽で高い効果を発揮してくれます。

青装備なので紫か青の装備箱から入手可能です。設計図のドロップは序盤海域の2-3、5枚集めれば完成します。

炎上ダメージの計算

炎上ダメージは榴弾でダメージを与えた艦の能力値と主砲の性能によって変動します。

加えて装甲補正やレベル超越補正などの影響を受けないという特徴があります。

炎上ダメージの計算式はこんな感じです。実際に海域で試してみて計算結果と同じ数字が出ました。

榴弾威力×艦砲補正×装備補正×(100+火力値)×0.01×0.6+5
愛宕の炎上ダメージアップは計算の最後に掛けます。

計算式の艦砲補正は砲毎に個別で決められている補正値です。マスクデータなのでゲーム中に見ることができない値です。

良く使われる戦艦砲の艦砲補正は、406mm三連装砲MK6が1.05倍、410mm連装砲が1.1倍、381mm連装砲改が1.1倍です。

計算式の榴弾威力榴弾1発の威力を指しています。156×3と表記されているなら1発の威力は156です。

装備補正は艦船少女に砲を装備させて装備の項目を押すと表示されます。130%と表記されているなら装備補正は1.3倍という意味です。
装備補正

下の画像では三種類の戦艦砲による炎上ダメージを並べてみました。

炎上ダメージまとめ

表を見る限りでは381mm連装砲改の数値が他の砲に比べて大きく劣っています。実際は他の砲よりも火力値が20高くなるので少しだけ差が縮まります。

410mm連装砲は戦艦砲の中で1番炎上ダメージが高くなると言われていますが、MK6と比べてそれほど大きな差がある訳ではありません。

炎上ダメージには火力アップ系のバフが適応できます。しかし、与えるダメージアップやヘレナのデバフは適応されませんでした。

被ダメージを減らすスキルなどの効果も炎上ダメージに影響しません

味方の耐久値は炎上ダメージでゼロ以下にならないようです。


追記:海域危険度を下げると炎上ダメージが下がるようです。このことから危険度を下げると敵の火力が下がる処理が行われているのかもしれません。

1枚目の画像は危険度を下げていない9-1で130、2枚目の画像は危険度を1下げた9-1で128。
アズールレーン炎上ダメージ危険海域 アズールレーン炎上ダメージ危険度-
安全海域の9-3では炎上ダメージが120でした。
アズールレーン炎上ダメージ9-3


上書きと延長

炎上状態が重複することはありませんが、上書きしたり延長させたりできます

駆逐艦などは炎上ダメージが低いですが、上位の榴弾を当てて上書きすれば炎上ダメージが更新されます。

上書きは駆逐砲<軽巡砲<重巡砲<戦艦砲の順番で優先度が高くなります。

下位の砲で上位の砲を上書きすることはできませんが、炎上を15秒間延長させることができます。

戦闘で炎上を活用するなら戦艦砲で炎上させ、前衛艦の榴弾を浴びせて倒れるまで炎上状態を維持するのが理想と言えます。

ちなみに効果量は不明ですが、某所では炎上中の艦を榴弾で攻撃するとダメージボーナスが付くと表記されていました。

私が試した限りだとダメージに目立った変化は確認できませんでした。(クリティカルしやすくなる?)

さいごに

以上でアズールレーン炎上に関するまとめとします。

炎上対策をするなら消火装置炎上を活用するなら威力の高い戦艦砲火力アップ系のバフということだけ忘れないようにしましょう。

長くなりました、ここまで読んでいただきありがとうございます。