ジャベリンアイコン

今まで上り調子でやってきたアズールレーンですが、2021年3月頃から公式Twitterのフォロワーが減っています。フォロワーの減少はゲーム内アクティブユーザーの減少と捉えることもでき、今後の行く末が気になるところです。

この記事ではアズールレーン公式Twitterのフォロワー推移をまとめ、人気の裏側、既存ユーザーの変化、セイレーン作戦の影響といった話に触れています。

フォロワー推移

Twitterに投稿されていたスクショやこちらのtwitter rankingから365日分のデータを参照しています。

日付 フォロワー数 備考
2017/10/7 100550 SNS参照
2017/10/22 200000 SNS参照
2017/11/9 300285 SNS参照
2017/12/13 407213 SNS参照
2018/9/15 512371 SNS参照
2019/4/23 600209 SNS参照
2020/4/12 679307 365日前
2020/10/14 724736 180日前
2021/1/12 735560 90日前
2021/3/13 744202 30日前
2021/4/4 742831 数日前
2021/4/10 742327 書いてる時

ちなみに日本でアズレンがリリースされたのは2017年9月14日です。

公式Twitterは5月16日から運用を開始しているみたいです。

人気の裏側

アズレンリリースから1周年で得たフォロワーは50万人以上です。1年でこれなら大成功を収めたと言えます。

ただ、リリースから3ヶ月で40万人以上増えているのに、そこから9ヶ月(1周年)で+11万だと、「勢い落ち過ぎじゃない?」と思いますよね。ペース的に+20万は楽に行きそうですが、市場規模の問題でしょうか?

もしも、この間に人離れが起きていたなら、原因に心当たりがあります。

当時は改造実装が頻繁に行われていたので、改造図集めにハードモード1日6回は欠かせませんでした。その上で鉄血イベント「鏡写されし異色」の周回に付き合うのは相当しんどいものだったと記憶しています。

その後も「別次元からの来訪者(ネプテューヌコラボ)」、「期間限定小型建造」、「凛冽なりし冬の王冠」と立て続けに来たため、キューブや資金が尽きてキャラ入手を逃してしまった人もいるかと。

艦船のレベル上限が100→110→120と上がっていき、それに合わせてイベントの敵レベルも徐々に上がっていきました(鉄血イベ80、アイリスイベ95)。置いてけぼりにされた人もいるのでは?

面白さよりも周回のめんどくささが勝る。キャラ入手が優しいから続けていたのに裏切られた。ゲームの難易度が変わって追いかけるのが難しくなった。など、当時を少し振り返っただけで色々と辞める理由が浮かんできます。

フォロワー数が増えているので好調に見えますが、実際はかなり危うい状況だったのかも。最初から適切な難易度・プレイ時間を設定できていれば、この期間にもっと多くのユーザーが定着したに違いありません。

既存ユーザー

1周年以降もフォロワーはもりもり増えていき、3年目になるとフォロワー70万人を達成。だいたい1年毎に10万人ずつ増えており、勢いは落ちていないように見えます。

ただ、3年も続くゲームということで、既存ユーザーには変化があったと思います。

というのも、ゲーム難易度が「縹映る深緋の残響」の時点でD3ボス105、EXステージ120に設定され、中級者でも全クリが難しい環境になっています。

アズレン初期のEXステージはレベル100フル編成で倒せる難易度でしたが、もう並みのプレイヤーではクリアできません。ちなみに最近の佐世保サーバーでは、EXステージクリア者は50人前後です。

難易度の上昇は一部の中級者・上級者に挫折を与え、今までゲームに向き合ってくれた人がやる気を失い、最悪アズレンから離れたと考えます。

その根拠として、2019年3月に実装されたメインストーリー13章が挙げられます。2020年9月に発表された情報によると、13-4クリア者は2万人未満だそうです。実装から1年以上経ってこれです。

13-4クリアしている指揮官

フォロワー70万人中2万人としたら3%未満です。ゲーム内のアクティブユーザー数の方が多いと考えるなら、実際は2%にも満たないかも。

あまりにもクリア者が少なかったのか、13章実装以降はやたらと対空艦船を増やしたり、ことあるごとに対空アップ効果を付けたりする始末です。ユーザーがやる気を失っているとしたら、どれだけ対策艦船を出しても動きは鈍いはず。

セイレーン作戦の影響

セイレーン作戦の影響については、実装翌日の12月24日で73.5万人(端数不明)というスクショを見つけました。その後、2021年1月12日で735560人、ほとんど変わらないといった感じ。

それまでは月平均5000人以上増えていました。増えないということは、一定数以上の人が離れたと解釈できます。

1月13日からはアニメ「びそくぜんしんっ!」が放送開始。アニメ効果、フォーミダブル復刻、ダイドー常設、北方連合イベ「暁射す氷華の嵐」もあって、3月頃まではフォロワーが増えていたようです。

1月13日から3月13日でおよそ+1万。本来ならアニメ効果でもっと増えててもおかしくないと思いますが、この間にセイレーン作戦リセットが2回と新作ゲームの登場があり、人離れがあったと考えます。

3月末から4月に入ってからのフォロワー状況は1日あたり100人前後減っていました。少ないと思うかもしれませんが、減ったフォロワー+新規フォロー=実際のフォロー解除数なので、この場合は見た目よりも多くのフォロワーが流出していると考えられます。

新作ゲーム

新しいゲームが登場すれば、そちらに人が流れていきます。

我らがYostarからも、 2020年1月16日に「アークナイツ」、20201年2月4日「ブルーアーカイブ -Blue Archive-」がリリースされています。

「Yostarのゲームだから試しに触ってみよう」、そんな軽い気持ちで触って、アズレンに戻らなくなった指揮官もいるようです。

これは捉え方によっては、アズレンの寿命を縮めたように見えますが、会社的にはユーザーが横移動し、新作の人気で他ゲームのユーザーを取り込み、最終的に稼ぎが増えればOKな訳です。実際「アークナイツ」はYostarの稼ぎ頭になっています。

また、アズレンの先行きが怪しくなっているタイミングで、Cygamesより「ウマ娘 プリティーダービー」がリリース。ウマ娘はアニメで人気を博し、ゲーム部分も面白いとあって連日話題が尽きません。ウマ娘の登場はアズレンから離れるキッカケになったはず。

おわりに

最近のフォロワー減少はセイレーン作戦と新作ゲームが影響していると思います。

あとはコロナウィルスの影響でリアルイベントを自粛しているため、ゲーム外での盛り上がりに欠けていた部分もあります。

この流れはいつか止まるはずですが、セイレーン作戦実装前と同じ勢いに戻るかわかりません。

日本版4周年までにあと5ヶ月あります。そこでフォロワー80万人を達成したなら、アズレンは大復活を遂げたと言えます。76~78万人くらいでも、セイレーン作戦実装前と同じ勢いです。

この記事を書いている間に、細かい改善告知がいくつかありました。どうやらコンテンツの見直しを行い、ゲームを遊びやすくする方向で動いているようです。何もせずこの状態が続くより、遥かにマシです。