アズールレーン_試作型天雷_サムネイル

アズールレーンの戦闘機・爆撃機について、調べたこと、検証したことをまとめています。

こちらは動画による解説も行っています。

爆撃の特性

戦闘機・爆撃機は、近くの人型、および指揮艦などの優先ターゲットに向けて爆弾を投下します。

しかし、対象が停止してても、爆弾がフルヒットすることは稀です。

なぜなら、爆弾の投下位置は、投射範囲の影響でバラつくようになっているからです。

メカニズム

以下は大陸wikiの情報から解釈したもの。

大陸wiki

爆撃機ヒット率_イメージ図

投射範囲は一部を除き、縦×横の正方形が一般的。

正方形の中央部分に、敵の当たり判定が立つようになっているらしい。イメージ図は人型敵の判定。

破壊範囲は円形で、投射範囲内にランダムで爆弾を投下。

投射範囲、敵の当たり判定、破壊範囲から、緑枠の中に爆弾が投下されれば命中となります。

そこから爆弾の命中率を計算すると、このようになるとか。

停止中単体ヒット率
爆弾 破壊範囲 投射範囲 ヒット率
100lb 16 33*33 44.7%
500lb 19 36*36 47.4%
1000lb 22 40*40 47.8%
1600lb 25 40*40 55.9%
2000lb 28 42*42 59.7%

試作型天雷の爆弾は「800Kg 徹甲爆弾」と呼ばれるものですが、1600lbと同じ範囲が設定されているため、ヒット率は55.9%と考えられます。

実際は物理的に当たった上で、さらに回避判定があるので、単体相手だと外れやすく感じることが多いかと。

実戦テスト

デイリー認識(砲撃)では、回避しない停止敵、シャルンホルストが登場します。これに対して、爆弾を投下し、ヒット率を調べてみました。

一部戦闘機を使用。 爆弾の投下数が多いとカウントが大変なので、無凸軽空母を使って、1機ずつ調べています。

100lb

零戦五二型 100lb×2 1戦闘3回、10戦分、爆弾60個分

100lbのヒット率は平均48.3%。

先程の計算値より、ヒット率が3%以上高かったです。

100lbは攻撃範囲が狭く、頼りない印象ですが、停止した相手には結構有効だと分かりました。

500lb

F4U(VF-17中隊) 500lb×2 1戦闘3回 10戦分 爆弾60個分

500lbのヒット率は平均53.3%

こちらも先程の計算値より、ヒット率が高かったです。

1000lb

シーホーネット 1000lb×2 1戦闘3回 10戦分 爆弾60個分

1000lbのヒット率は平均30.0%

下ブレを引き過ぎたのか、結果はイマイチ。

この結果に納得できなかったので、追加でファイアフライを試しました。

ファイアフライ 1000lb×2 1戦闘3回 10戦分 爆弾60個分

1000lbのヒット率は平均35.0%

こちらも微妙な結果になりました。

1600lb

デストロイヤー 1600lb×2 1戦闘3回 10戦分 爆弾60個分

1600lbのヒット率は平均51.6%

若干下ブレした感じ。

試作型天雷

徹甲爆弾×3 1戦闘3回 10戦分 爆弾90個分

徹甲爆弾のヒット率は54.4%

予想と近い結果を得られました。徹甲爆弾を9個落とせば、単体相手に5発ヒットが期待できます。

実験型X

2000lb×1 1戦闘3回 20戦分 爆弾60個分
500lb×2 1戦闘3回 20戦分 爆弾120個分

2000lbのヒット率は平均55.0%
500lbのヒット率は平均35.8%

2000lbのヒット率は若干下ブレした感じ。500lbのヒット率は、先程のF4U(VF-17中隊)よりも15%以上低い数値。

実験型XとF4U(VF-17中隊)の500lbを統合すると、平均41.6%になります。

爆弾ヒット率

計算値と実戦の結果を比べるとこうなります。実戦のほうは同じ爆弾を統合。

爆弾ヒット率まとめ

1600lb以上のヒット率は50%が見込めます。

1000lbはヒット率30%と、ちょっと信用できないかも。

このデータが参考になれば幸いです。