アズールレーン_彩雲検証

アズールレーンに登場する攻撃機「試作型彩雲(艦攻型・特別計画艦仕様)[T0]」について、ステータスや総合評価をまとめています。

おすすめ装備一覧

ステータス

攻撃機「試作型彩雲(艦攻型・特別計画艦仕様)[T0]」のステータス(強化+10)。

攻撃機
試作型彩雲(艦攻型・特別計画艦仕様)[T0]
試作型彩雲(艦攻型・特別計画艦仕様)[T0]
航空45
攻速:10.60s
硬直:0s
重桜艦載機速度:66
特性:雷撃艦載機耐久:343
最大回避:5神風威力:208
重桜魚雷×2
1 x 7.92mm MG機銃

赤字タッチで詳細が開きます。

強化+13で威力427

通称:彩雲

彩雲のテストを動画で行っています。

総合評価

攻撃機「試作型彩雲(艦攻型・特別計画艦仕様)[T0]」の総合評価。

評価:★★★★★

収束魚雷

収束魚雷で主に使われているのは、重桜魚雷と鉄血魚雷。

それぞれ魚雷投下の仕方が異なるので、以下の画像で比べてみて欲しい。

アズールレーン_重桜魚雷と鉄血魚雷の比較

アズールレーン_重桜魚雷_鉄血魚雷_イメージ図

重桜魚雷は魚雷を「縦」に並べるように投下し、敵を補足して一点に収束する。

鉄血魚雷は魚雷を「く」の字状に投下し、敵を補足して一点に収束する。上下2本が敵に近い分、ヒット率は高いと考えられる。角度が付くことから、目標を通り過ぎた後も事故当たりが期待できる。

基本性能

「彩雲」は収束魚雷の中でも攻撃速度と飛行速度に優れる。攻撃順の調整から、制限時間のあるステージで攻撃回数を確保するなど、使いみちは多いと思われる。

単発威力は高いものの、威力×発射数の値は流星よりも約8%低い。

動かない敵に収束魚雷は最適解と言えるが、動く敵には最悪全てハズレてしまうリスクがある。

敵が多い道中攻略では汎用魚雷が好まれ、ボス戦では収束魚雷が使われる。

ボスの移動速度を下げて、魚雷フルヒットでダメージを大きく稼ぐ。収束魚雷を使うならこの戦法が強力だ。中装甲・重装甲で、対空があまり高くないボスに有利。

飛行速度の優位

航空攻撃発動から魚雷フルヒットまでの時間を計測してみた。

彩雲:3.73秒
流星:4.23秒
Ju-87:4.13秒

「彩雲」は「流星」よりも0.5秒早く攻撃完了した。

敵の移動停止タイミングに刺す時や制限時間のあるステージで、「彩雲」の飛行速度が役立つかもしれない。

機銃性能

「彩雲」の機銃性能は艦載機中最低クラス。「バラクーダ」や「Ju-87 D-4」よりも下。

今は「空母未発見状態」を維持した方がダメージを稼げる。この機銃性能の差が不利に傾くことがあるかもしれない。

「空母未発見状態」に関する情報は記事または動画で解説しています。

記事→【アズレン】空母発見ゲージ・未発見状態の効果【機能解説】

余燼戦

余燼戦で空母の4回攻撃を狙う時、攻撃速度と飛行速度に優れる「彩雲」は装備候補に挙がるだろう。

ただ、装備構成があまりにも速度重視に偏ってしまうようなら、火力特化の装備構成で3回攻撃するほうが、良い結果を出せるかもしれない。

火力特化の3回攻撃を出力3とするなら、4回攻撃では1回あたり出力0.75以上出さないとやる意味が薄いということ。

また、4回攻撃には前衛の生存も欠かせないので、前衛が耐えるか微妙なら、素直に3回攻撃にシフトしたほうが安定するだろう。

相性の良い艦船

攻撃機「試作型彩雲(艦攻型・特別計画艦仕様)[T0]」と相性の良い艦船。

先に攻撃したい系

翔鶴翔鶴セントーセントーは先に攻撃することで味方に影響を与えるため、「彩雲」が装備候補になるだろう。

減速効果

アーク・ロイヤルアーク・ロイヤルイラストリアス(μ兵装)イラストリアス(μ兵装)などの減速効果は「流星」を当てるのにちょど良い。

重桜艦載機

飛龍(META)飛龍(META)白龍白龍のスキルは、重桜艦載機を装備していると効果が切り替わる。

おすすめ装備一覧