setubi_body12

アズールレーンに登場する設備「VH装甲鋼板[T0]」について、ステータスや総合評価をまとめています。

おすすめ装備一覧

ステータス

「VH装甲鋼板[T0]」のステータス(強化+10)。

設備
VH装甲鋼板[T0]
VH装甲鋼板[T0]
耐久650
重桜
1個制限
スキル「VH鋼」
装甲タイプが重装甲の艦船が装備している場合、戦闘中自身が受ける徹甲弾のダメージを6%、榴弾・通常弾のダメージを3%軽減する。装甲タイプが重装甲以外の艦船が装備している場合、装甲タイプが重装甲になる
装備可能
超巡-巡戦-戦艦-空母-航戦
入手方法:交錯する新たな波(累計Pt)
設計図:-

強化+13で耐久740

総合評価

設備「VH装甲鋼板[T0]」の総合評価。

評価:★★★★★

基本性能

装備の中ではトップクラスの耐久上昇値だ。しかも、装備する艦船の元々の装甲タイプによって、さらに生存力が増すことも。

主力艦は戦艦・巡戦・空母・航戦に装備可能。軽空母には装備できない点に注意。

前衛艦は超巡吾妻吾妻に装備可能。未確認だが、エーギルエーギルにも装備できるとか。

重装甲

重装甲タイプの艦船に「VH装甲鋼板」を装備すると、自身の受ける徹甲弾6%軽減、通常弾・榴弾3%軽減する効果を得る。

仮に耐久8000の重装甲に装備した場合、軽減込みで対徹甲弾は耐久9282、対榴弾は耐久8917。砲撃に対して最低でも耐久+900~1300程度の効果を得られる。

中装甲

「VH装甲鋼板」を中装甲タイプの艦船に装備すると重装甲になる。この効果で重装甲になっても、先の軽減効果は得られない。

中装甲が重装甲になるメリットは砲撃耐性を得られること。デメリットは魚雷や航空攻撃のダメージが増えること。

艦種・弾薬によって異なるが、前衛艦だと重巡徹甲弾110%→75%というように、だいたい20%~35%以上の大きな変化を得られる(駆逐榴弾のみ変化無し)。この重巡の例だと、ダメージは1.46倍も差がある。

主力艦の場合、受ける攻撃が概ね決まっているため、以下の表を参考にして欲しい。

攻撃タイプ 中装甲 重装甲
戦艦通常弾 100% 90%
戦艦徹甲弾 130% 110%
戦艦榴弾 110% 90%
攻撃機 110% 130%
魚雷 100% 130%

対抗馬

「VH装甲鋼板」を重装甲・中装甲どちらに装備する場合でも、対抗馬となり得るのが「強化油圧舵」と「応急修理装置」だ。

重装甲の場合

以下の表は重装甲のロドニー(耐久7630)に各種設備を積んだ時の総耐久(回避率込み)。仮想敵は命中100/幸運50で計算。

設備 耐久値 回避率 総耐久
VH装甲鋼板(軽減無) 8280 17.91 10086
VH装甲鋼板(3%軽減) 8280 17.91 10398
VH装甲鋼板(6%軽減) 8280 17.91 10730
応急修理装置(回復2%) 8130 17.91 10101
応急修理装置(回復10%) 8130 17.91 10894
強化油圧舵 7690 35.29 11883

砲撃耐性を上げる目的なら「強化油圧舵」を装備した方が有利。連戦では「応急修理装置」が無難。

「VH装甲鋼板」を重装甲タイプに装備して有利な状況は、回避不可能なEXステージや確定受けしたい時などが考えられる。

中装甲の場合

以下の表は中装甲のフッド(耐久8445)に各種設備を積み、戦艦徹甲弾を受けた時の総耐久(回避率込み)。仮想敵は命中100/幸運50で計算。

設備 耐久値 回避率 総耐久
VH装甲鋼板 9095 16.85 9943
応急修理装置(回復2%) 8945 16.85 8440
応急修理装置(回復10%) 8945 16.85 9102
強化油圧舵 8505 32.93 9753

特定の攻撃に限定した場合、「VH装甲鋼板」で重装甲にする価値がある。

3つの内どれか選ぶなら、様々な攻撃を受ける状況では「強化油圧舵」が強い。特定の攻撃に限定するなら「VH装甲鋼板」、攻撃以外のダメージ(衝突ダメージや炎上など)を受ける機会が多いなら「応急修理装置」といった使い分けが考えられる。

「強化油圧舵」は回避が低いほど効率が高く、回避が高いほど効率が悪くなる。戦艦よりも回避が高い空母だと、「VH装甲鋼板」や「応急修理装置」の有利が大きくなることも。

以下の表は中装甲のエンタープライズ(耐久6193)に各種設備を積み、戦艦徹甲弾を受けた時の総耐久(回避率込み)。仮想敵は命中100/幸運50で計算。

設備 耐久値 回避率 総耐久
VH装甲鋼板 6843 33.32 9329
応急修理装置(回復2%) 6693 33.32 7875
応急修理装置(回復10%) 6693 33.32 8493
強化油圧舵 6253 45.28 8790

「VH装甲鋼板」と「強化油圧舵」の差は約500、先のフッドが約200なので、「強化油圧舵」の効率が低下していることが分かる。

相性の良い艦船

設備「VH装甲鋼板[T0]」と相性の良い艦船。

吾妻

前衛艦の吾妻吾妻は「VH装甲鋼板」を装備すると中装甲→重装甲に変化し、前衛では珍しい特徴を獲得する。

前衛は受ける攻撃の種類が多く、その時々で生存力が変わる。

砲撃全般は重装甲になると、装甲補正が20%~35%以上変化。吾妻の元々の耐久値と合わせて、中装甲重巡よりも高い生存力を発揮する。海域で使うならこのメリットが大きく、基本的にプラスに働くだろう。

巡洋戦艦・空母

巡洋戦艦天城天城や空母飛龍飛龍は「VH装甲鋼板」を装備すると中装甲→重装甲に変化。

海域で主力艦が攻撃を受けるとしたら、ほぼ敵戦艦の投射弾のみ。「VH装甲鋼板」を装備していれば確実にダメージを抑えられる。

シャンパーニュ

シャンパーニュシャンパーニュは戦艦でありながら中装甲であるため、巡洋戦艦・空母と同じ用途で装備しても良い。

また、シャンパーニュは自身の耐久が75%以上の時、旗艦の受けるダメージを肩代わりするスキルを持っている。耐久を上げ、砲撃耐性を身につけ、肩代わりするダメージを増やす使い方が可能。

イラストリアス

イラストリアスイラストリアスのシールド耐久は自身の最大耐久値の10%分が反映される。耐久上昇値が高い設備で固めるとシールド耐久が増す。

「VH装甲鋼板」は強化+13で耐久740アップ。「応急修理装置」強化+11が耐久530なので、それと比べてシールド耐久が21アップする。シールドは最大で前衛3隻に付与されるため、スキル1回で最大63ダメージ多く防げる。連戦ではそれなりの効果となるだろう。

回復系

耐久回復スキルを持つ艦船に「VH装甲鋼板」を装備し、耐久上限を引き上げ、回復量を増やせる。中装甲→重装甲になるメリットや重装甲に装備した時の砲撃耐性と合わせて、確実に生存力を上げられる。

おすすめ装備一覧