【アズレン】余燼戦:『レパルス(META)』の仕様解説・ダメージの稼ぎ方【攻略】

余燼戦レパルス(META)

アズールレーンの余燼戦『レパルス(META)』の仕様解説・編成例をまとめた記事です。

こちらは動画による解説もおすすめ!

ステータス

レパルス(META)のステータスを解説。

メタルス(META)[T15] ステータス
レベル 126
装甲 中装甲
耐久 148万
火力 365
対空 361
命中 110
回避 25
幸運 25
速力 30

有効な攻撃

敵は中装甲なので、戦艦は徹甲弾主砲、空母は試作型BFや収束魚雷などが有効。

命中率

敵の回避・幸運が低いとはいえ、命中が低い主力をそのまま使うと、攻撃に10%以上のロスが生まれることに注意。

レベル120愛、レベル差-6で命中率を計算してみました。

信濃 幸運 命中 命中率
通常 32 78 84.38%
命中15% 32 89 86.82%
技術+12/命中15% 32 103 89.33%
技術+12/命中15%/長門 32 121 91.85%

レベル差は1毎に命中率0.1%変動。

こちらは空母信濃をモデルにしたもの。信濃くらいの命中・幸運だと命中率約84%。長門を使わない場合、自前の命中バフと艦船技術で約89%。

ちなみに命中・幸運に優れるエンタープライズやアーク・ロイヤルだと、艦船技術だけで命中率97%以上に達します。

ニュージャージー 幸運 命中 命中率
通常 72 74 87.36%
技術+26 72 100 93.34%
技術/一式 72 115 92.84%
技術/一式/金火器 72 151 98.93%

こちらは戦艦ニュージャージーをモデルにしたもの。戦艦は艦船技術による命中上昇が高く、設備で無理なく命中上昇を得られるので、空母より命中率が高くなります。最近出た特殊装備オフィサーソードで命中+20増やせます。

余燼戦で命中率による損失が気になる人は、命中の艦船技術を最大にする、レベル125にする、ケッコン12%にすると良いです。

特殊仕様

レパルス(META)の特殊仕様を解説。

レパルス(META)は3枚の回転シールドを展開した状態で出現。シールド自体に攻撃を防ぐ効果はありません。

シールドはレパルス(META)の状態を視覚化したもの。シールドの枚数によって、レパルス(META)の受けるダメージと与えるダメージが変動します。

レパルス(META)には全部で4つの状態が存在します。

状態 被ダメ 与ダメ 盾破壊
盾3枚 17.7% 60% 8カウント以上
盾2枚 88.7% 140% 16カウント以上
盾1枚 100.8% 152% 24カウント以上
盾0枚 120.0% 168%

★盾破壊カウント
魚雷1回:1
主砲1回:2
航空1回:2

味方がゲージ攻撃を行う度にカウントが蓄積され、一定値以上蓄積すると、シールドが一枚ずつ減っていきます。

シールドが3枚あると、こちらの攻撃が17%しか通りません。ダメージを稼ぎたい余燼戦において、この状態を長く維持する意味は無いので、早々にカウントを稼いでシールドを減らしたいところ。シールド2枚になると、一気に88%通るようになります。

シールドを減らすほど、味方の攻撃効率が増し、最終的にダメージ1.2倍に。その代わり、敵の与えるダメージも1.68倍と凶悪になります。

今回はカウントを稼がないとダメージを稼げないので、主力の攻撃回数、魚雷型の攻撃回数が重要。特に魚雷型は2隻以上採用したほうが良いです。

あとは攻撃方法による不利があります。空母編成は3回攻撃が当たる前にシールドを破壊できます。戦艦編成はカットイン砲撃のせいで、シールド破壊前に攻撃が当たってダメージが安くなります。

カウント注意点

シールド破壊カウントはレパルス(META)出現後に蓄積されます。

オート戦闘の場合、レパルス(META)が出現する前に開幕攻撃を行ってしまうので、その分はカウントされません。

例えば、開幕魚雷3隻、開幕航空1隻、開幕主砲2隻の編成でオート戦闘すると、開幕魚雷1回と開幕航空1回=3カウント分は無効になります。開幕主砲は敵が出現しないと攻撃しないのでセーフ。

行動表

レパルス(META)の行動表。

レパルス(META)行動表

0から順番に段階が進みます。

色分けしてある部分はシールドが残っている限りループします。

シールドを破壊すると強制的に指定の段階へ進みます。

攻撃の狙い目はシールドが1枚になった時です。中央移動から停止3秒、そのまま次の段階に進み停止5秒。十分な攻撃猶予があります。

同様にシールドが0枚になった時も好き放題殴れます。

逆に注意したいのは、シールドが2枚になった時です。行動時間が2秒と短く、次の行動もランダムなので、すぐに動かれて攻撃が外れます。

編成例

編成例・戦い方・カウントの進め方などを解説。

空母編成例

余燼戦でおなじみの空母3隻編成。

主力:信濃白龍アーク・ロイヤルorエンタープライズ

前衛:エーギルor島風ヘレナ風雲

大陸版にはエンタープライズを採用した手動ワンパン動画が上がっていました。

手動操作の場合はエーギルを島風に変えて稼げば、さらにワンパンの可能性が増します。

オート操作

一般的な空母3隻と魚雷型2隻でオート戦闘する場合、開幕魚雷1カウント、リロード魚雷2カウント、航空攻撃3回で6カウント、合計9カウントでシールドを1枚剥がせます。

その後も主力と前衛の攻撃で合計8カウント進むため、順当にシールドを1枚ずつ剥がしていけます。

風雲がいると魚雷リロード短縮でカウントの進み方が変わりますが、劇的に変わることは無いので、だいたい順当に進むと考えて良いです。

主力3回攻撃の場合、主力の攻撃効率は88.7%+100.8%+120%=309.5%です。

前衛はシールドを1枚剥がすまでの約20秒がカスダメージとなり、オート戦闘では途中で前衛が落ちると思われるので、あまり稼げません。

手動操作

手動操作で空母編成を使う場合、航空攻撃をストックする戦法が取れます。

空母3隻×2回攻撃で一気に12カウント進みます。先に魚雷攻撃でカウントを蓄積しておけば、シールド3枚からシールド1枚、あるいはシールド2枚からシールド0枚へスキップできます。どちらも攻撃の狙い目である移動停止に刺さります。

前衛ダメージのこともあるので、1回目は普通に攻撃してシールドを1枚剥がし、2回目は温存し、3回目で連続攻撃とするのが良いでしょう。

この時の攻撃効率は88.7%+120%+120%=328.7%です。実際は空母の攻撃1回毎に0.5秒の待機時間があるので、若干攻撃効率が低下すると思われます。それでも順当に攻撃するより攻撃効率に優れるので、試してみる価値があります。

手動操作の時は上下に出現する石ころに注意。これを迎撃できず、空母発見状態になるとダメージが激減します。

石ころ出現時間(右上タイマー)
1:10
0:56
0:38
0:16

最初の石ころの破壊は速力があったほうが楽です。

長門+重桜空母編成

今回は長門軸の重桜空母編成がおすすめかも。

主力:信濃長門白龍

前衛:エーギルor島風ヘレナ風雲

長門+重桜空母では、レベル・ケッコン・装備強化・装填技術などで最適な主力攻撃回数が変わります。

大陸版では長門信濃白龍による主力4回攻撃のオートワンパン動画が上がっていました。

オート操作

主力空母は試作型BF+強い彗星+彩雲+ビーコンで4回攻撃。

長門はシャンパーニュ砲で4回攻撃を狙いますが、レベル125ケッコン12%じゃないと厳しい模様。また、長門が空母より先に攻撃すると、シールド破壊前の状態で砲座1が当たり、ダメージが激減します。理想は空母A⇒空母B+長門でシールド破壊。

オート操作では、前衛にエーギルを置いても4回攻撃まで生き残れず、全滅負けする可能性があります。

前衛で石ころを一つ迎撃できれば、残りの石ころは長門の副砲で迎撃。ただし、威力が低いと迎撃できないかも。

手動操作

手動操作ではエーギルを島風に変えてワンパン狙い。

主力はオート操作と同じ4回攻撃狙い。

戦艦編成

戦艦3隻編成。

主力:ヴァンガードニュージャージーウルリッヒ・フォン・フッテン(僚艦)orフリードリヒ・デア・グローセ(旗艦)

前衛:エーギルor島風ヘレナエムデン

フリードリヒ・デア・グローセを使うなら旗艦、ウルリッヒ・フォン・フッテンを使うなら僚艦。

手動操作でウルリッヒを使うと操作が忙しくて大変です。

オート操作

ウルリッヒを使うならオート操作のほうが楽です。

前衛のエーギルとエムデンは攻速に優れる魚雷を装備し、カウントを進めます。

手動操作

大陸版ではフリードリヒ・デア・グローセを旗艦に置いた手動ワンパン動画が上がっていました。ただし、主砲は全員ジョージア砲、ヘレナクリティカルゲーなので、ワンパン目指すなら試行回数は必要。運次第でフリードリヒは45万~52万稼ぐ模様。

手動操作の場合、戦艦は手動照準補正でダメージを稼ぎやすくなります。

やはり手動でダメージを稼ぐならエーギルを島風に変えるのが良いでしょう。

おわりに

今回の余燼戦は仕様を知らないとダメージを稼ぐのが難しいです。

特に魚雷型の数が重要過ぎ。もしも魚雷型1隻以下でオート操作だったら、たぶん地獄。あとは空母と戦艦の攻撃方法による有利不利もあります。

強キャラを使った編成なら、艦船技術・装備強化などの差はあまり関係なく、オート操作で2パンできるはず。

URやDRを使わず、艦船技術も装備強化も不十分だと、かなり不安定。適当な前衛3隻だと、3回目の攻撃すらできずに沈みます。

最近の余燼戦は妙に難易度が高くなっているように感じます。

余燼戦が始まった頃は装備強化も未熟、レベル上限も120。敵のレベルが高いので、難しいのはしょうがないと納得できました。

今は強キャラも増えて、装備強化もレベル上限も最高の状態。先日実装された特殊装備でさらに強くなっているはずなのに、余燼戦が楽になったという気が一切しません。不思議ですね。

  1. 匿名 より:

    楽になるどころか今までで一番クソになってるメタ

  2. 匿名 より:

    いつも情報更新ありがとうございます
    このブログがアズレンを続けるモチベーションの一つにもなってます(勝手にスミマセン)
    ロイヤルさんがまとめて下さったデータや編成と自身のそれとを見比べ、ふむふむと理解しながら組み替えたりするのが楽しいです
    取り急ぎお礼まで

  3. 匿名 より:

    重桜編成の長門って管制レーダー必要ですかね?

    • 125ケッコン200の長門にシャンパーニュ砲を装備すると最後に砲座1が刺さります。
      リロード短縮で長門のダメージは高くなると思いますが、先に長門が攻撃することで、1巡目の航空攻撃が外れやすくなるかもしれません。
      空母の稼ぎが圧倒的に高いので、そちらを阻害するようならSHS+一式で良いと思います。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

タイトルとURLをコピーしました