【アズレン】15章攻略:人気艦船ランキング【アンケート】

アズールレーン_15章攻略人気艦船ランキング

ブログにアンケート機能を実装したので、15章攻略で使用した艦船についてアンケートを取ってみました。これを見れば15章攻略で人気の艦船がわかります。これから15章攻略に挑む人、次に育成する艦船で悩んでいる人にオススメの記事です。

こちらは動画視聴もオススメです!

人気前衛

15-4攻略で使用した前衛艦についてアンケートを取りました。

ここで言う「攻略」とは、脅威度MAX状態のこと。

このアンケートでは第一艦隊と第二艦隊を考慮し、1人最大6隻まで選択して投票可能としました。

投票選択肢は追加できるように設定しています。

結果、合計185人、950票、前衛艦は全部で33隻の艦船がエントリー。

投票してくれた方ありがとうございます。

15章人気艦船_前衛

上位1位~5位

上位5隻は投票者の半分以上が使用しています。

1位は軽巡「四万十四万十」。15章攻略に耐えうる生存力に優れた対空性能など、欲しい能力を多数揃えているため、とにかく頼りになります。連戦で前衛回復が活きることから、第一艦隊で採用されることが多いです。実装されたばかりのPR艦船なので、少し使用率が低くなるかもと予想していましたが、そんなことはなかった。使用率は79%と圧倒的。今でも十分過ぎる強さを持っているのに、来年は竜骨編纂が控えている。来年あたり15章攻略を予定している人は四万十を建造してユニットを集めておこう。

2位は軽巡「プリマスプリマス」。こちらも使用率75%と圧倒的。これだけの使用率を誇るのは第一艦隊と第二艦隊のどちらでも活躍するからでしょう。プリマスが得意とするのは生存・攻撃・補助。主に旗艦戦艦のダメージアップと自身の攻撃力でクリアタイムを短縮し、味方の消耗を抑える働きが期待できます。軽巡なので四万十砲を装備すれば対空アシスト、対潜設備を装備すれば潜水艦対策も可能です。

3位は軽巡「サンディエゴ改サンディエゴ改」。15章道中編成は「四万十サンディエゴ」の最強コンビ、四万十が使えないときの「サンディエゴ+なにか」といった組み合わせが鉄板。サンディエゴの良さを一言で語るなら自衛力。自慢の対空と対潜はもちろん、接近する量産型と自爆ボートの処理能力が高く、全体的に味方の消耗を抑えやすいです。上位5隻の中では入手しやすく育成も簡単。

4位は超巡「ブレストブレスト」。プリマスと同じく、第一艦隊と第二艦隊のどちらでも活躍する艦船です。超巡はほかにもいますが、これだけ使用率が高いのは味方を回復できるからでしょう。また、ブレストは超巡の中でも対空性能が高く、副砲と特殊副砲のおかげで自爆ボートにも強いです。生存力にやや不安のある前衛を採用するとき、一緒に連れていきたい艦船です。

5位は重巡「アンカレッジアンカレッジ」。ボス戦を担当する第二艦隊で採用されることが多い艦船です。煙幕、吸収シールド、無敵、これら3種類の効果によりアズレン最強クラスの生存力を発揮。セオリー通りにプレイするなら、第二艦隊は1回目と3回目のボス戦を担当します。これに耐えられる生存力が欲しいということで、アンカレッジを採用する人が多いようです。

上位6位~10位

6位以下は5位以上の艦船を使えないときの参考になるでしょう。

6位は重巡「雲仙雲仙」。雲仙は15章初期の大陸ボス編成で紹介されており、今でもアズレンwikiの編成例で紹介されているため、採用する人が多いのかも。ただ、攻略情報が固まってきた今では、大陸テンプレ編成から外れている模様。たぶん生存力がギリギリ過ぎて落ちることがあるからでしょう。別艦隊支援弾幕を使えるので、第一艦隊の強さを重視するなら採用を考えてもいいかも。

7位は軽巡「ジャンヌ・ダルクジャンヌ・ダルク」。第一艦隊と第二艦隊のどちらでも使える、最近のテンプレ編成でよく見かける艦船です。吸収シールドで前衛の生存力を底上げ、前衛落ちを防いでくれます。軽巡なので四万十砲で対空アシスト、さらに対潜設備で潜水艦対策が可能。ブレストのいない艦隊にジャンヌ・ダルクを置く、あるいはブレストと同時採用して落ちないムーブを構築するなど、前衛落ちの可能性があるなら一考の余地有り。

8位は駆逐艦「ハムマンIIハムマンII」。上位10位内に入った唯一の駆逐艦がSRというのはおもしろい。ハムマンIIは対空・対潜・補助に優れる艦船で、第一艦隊と第二艦隊のどちらでも使える。空襲先導は機銃ダメージにも影響するため、想像よりも防空に貢献します。内蔵ヘッジホッグがあるので、ほかの前衛に金ヘッジホッグを渡し、偵察艦隊をカモる動きが強い。ちなみに生存設備を1つ積んだサンディエゴと、2つ積んだハムマンIIだと、後者のほうが生存力に優れます。

9位は超巡「エーギルエーギル」。徹甲弾主砲装備時の高い生存力がボス戦で頼りになります。装甲破壊や魚雷命中時の減速効果もダメージに貢献する。エーギルの強さは多くの人に信頼されているため、その信頼だけでとりあえず採用する人もいるでしょう。ただ今回は意外と使用率が低かったように思います。雲仙やヒンデンブルクあたりと編成枠の奪い合いになったのかもしれません。

10位は軽巡「シラシラ」。上位の対空要員を使えないとき選択肢に挙がります。スキルと生存力の都合でサンディエゴとは組みたくない。今回は駆逐・軽巡を採用するなら対空と対潜が求められる訳ですが、この分野はライバルが多くて使用率が分散する。シラを使うとしたら随伴空母で主力の消耗を抑えたいときでしょうか。15章だとシラの随伴空母は最速15秒~18秒頃に発動します。保険にはなりますが、なるべく追い詰められる展開は避けたいところ。

その他

11位以下は使用率が極端に低くなりますが、見どころのある艦船は多いです。いくつかピックアップしてみました。

重巡「チェシャーチェシャー」は10以内に入ると思ったのですが、ハムマンIIやシラのほうに票が流れたみたいですね。チェシャーは比較的生存力が高く、対空性能に限定すれば文句無し100点。ただ、15章攻略で先頭に置くと脆く感じる部分があるかも。重巡なので対潜設備を積めないことも難点。使うなら生存補助と対潜を行えるジャンヌ・ダルクや四万十あたりと一緒に採用したいです。あとは要所で潜水艦を使うなど、消耗を抑えるようにすると良いでしょう。

大陸では「逸仙逸仙」と「寧海」を使う編成が紹介されています。逸仙のスキルで中華トリオは回避率30%アップと軽減20%を得る。これの生存力は前衛トップクラス、それが編成に2隻もいるのは心強い。また、逸仙は四万十砲装備時の対空性能が高く、15章では重桜特攻も働くので攻撃性能も優秀です。対潜だけ低いので、そこはほかの艦船でカバー。逸仙の相方はハルビンも一考の余地有り。

人気主力

15-4攻略で使用した主力艦についてアンケートを取りました。

ここで言う「攻略」とは、脅威度MAX状態のこと。

このアンケートでは第一艦隊と第二艦隊を考慮し、1人最大6隻まで選択して投票可能としました。

投票選択肢は追加できるように設定しています。

結果、合計170人、954票、主力艦は全部で26隻の艦船がエントリー。

投票してくれた方ありがとうございます。

15章人気艦船_主力

上位1位~5位

主力も上位5隻は投票者の半分以上が使用しています。

1位は軽空母「ユニコーンユニコーン」。使用率は90%と圧倒的。誰でも入手できるぶっ壊れキャラ。ぶっちゃけ外す理由が無いくらい刺さるので、この使用率もうなずけます。最大7機の迎撃機を飛ばせる上に、対空砲のおまけもあるので防空性能に優れる。開幕航空攻撃を使えるのと、攻撃しながら前衛全員を回復できることがなによりも強力。初回攻撃時のみ主力も回復してくれるため、主力の被弾はある程度無視できます。

2位は空母「アクィラアクィラ」。今年復刻された艦船なので、いい感じに使用率が伸びたっぽい。ボス戦で採用されることが多い艦船です。普通レベルの攻撃を繰り出しながら、残り耐久割合が1番低い主力と前衛を回復し、吸収シールドを付与する。このムーブがめちゃくちゃ強い。間を保たせて主力の攻撃回数を増やす、味方を落とさずS勝利を安定させるといった働きをしてくれます。最大8機の迎撃機を飛ばせるのもポイント高い。

3位の戦艦「ビスマルクZweiビスマルクZwei」は使用率75%。第一艦隊の旗艦に採用されやすい。ブラックホールで複数の敵を引き寄せ、主砲と特殊弾幕でまとめて叩く、これが強い。おまけに砲座1は確定クリティカルだし、召喚されたゲリュオンによる援護射撃もありがたい。戦闘の半分は軽減20%が働き、自慢の耐久と合わせて生存力も高い。対空バフを持っているので地味に対空が高いのもポイント。

4位の空母「ヴォルガヴォルガ」は使用率72%。2種の特殊攻撃を持つ攻撃寄りの回復空母。第一艦隊で採用されることが多いです。ヴォルガの回復は20秒毎に発動するため、攻撃重視の艦載機構成にしてもOK。回復は全てヴォルガの最大耐久値を参照し、残り耐久割合が1番低い味方1隻とランダムな味方2隻を回復する。ただし、回復対象には潜水艦も含まれるし、耐久MAXの味方が選ばれることもあり、少々融通が利かない部分もある。

5位の戦艦「武蔵武蔵」は使用率58%。第二艦隊でボス戦を担当することが多いです。1戦闘2回使える支援弾幕が強く、第一艦隊への貢献が大きい。圧倒的な攻撃力でボスを削ってくれるので頼りになります。ただし、武蔵は耐久40%以上だと敵から狙われやすくなり、到達ダメージを吸い寄せるので被弾が多い。通常は軽減30%があるし、アクィラと組めば滅多に落ちることはありませんが、15-2ボス戦だけは武蔵を僚艦配置にすると良い。

上位6位~10位

6位以下は5位以上の艦船を使えないときの参考になるでしょう。

6位は戦艦「ニュージャージーニュージャージー」。武蔵同様に高い攻撃力があり、別艦隊支援スキルも持っている。武蔵と選択で第二艦隊に採用することが多いです。対空性能に優れるため、15章のような航空ステージは有利と言えるでしょう。また、ユニオン艦船に対空アップと軽減効果を付与するため、前衛にアンカレッジやハムマンIIを使うなら都合が良い。

7位は空母「ヨークタウンIIヨークタウンII」。なんと使用率はニュージャージーと1票差。アズレンwikiの編成例には、ニュージャージーとヨークタウンIIが表示されているので、一緒に使われている感じでしょう。URの攻撃性能なら不足無し。攻撃時に迎撃機を飛ばす能力もあるので守りも得意。ヨークタウンIIには、ユニオン3隻条件とユニオン兵装条件があるので、使うならそれを満たせるようにしたいです。

8位は軽空母「クラウディア・バレンツクラウディア・バレンツ」。今回のアンケートで唯一、上位10位内に入ったコラボキャラ。第一艦隊と第二艦隊のどちらでも使える艦船です。ユニコーンに似た回復能力を持ちながら、広範囲の特殊攻撃を使えることが長所。ユニコーンと同様に最大7機の迎撃機を飛ばせますが、クラウディアは攻撃機枠が2つあるので、ワイヴァーンまたはブレゲーを2つ用意する必要があり、少し手間が掛かる。

9位は空母「インペロインペロ」。第二艦隊で採用されることがあります。迎撃機は最大5機と少なめですが、戦闘機装備時の初回リロード短縮効果で、ほかの空母と攻撃タイミングをずらし、航空攻撃の迎撃力を活かす戦い方ができる。おまけに特殊航空攻撃では機銃付きの艦載機も飛ばせる。リロード短縮空母の中では攻撃性能が高いのもポイント。

10位は空母「インプラカブルインプラカブル」。第二艦隊で採用されることがあります。減速・停止・回避ダウン、味方の攻撃補助が得意な艦船です。やろうと思えば最大9機の迎撃機を飛ばせるのもポイント。ロイヤル前衛の対空と回避を上げてくれるので、前衛にプリマスやチェシャーを採用するなら都合が良い。

その他

主力も11位以下は使用率が極端に低くなります。

見どころがあるのはインディペンデンスインディペンデンスくらいでしょうか。リロード短縮でインペロに近い運用ができます。インペロと違って迎撃機は最大8機、さらに対空砲のおまけ付きなので守りも硬い。別艦隊支援効果で空母・軽空母の航空・装填を上げてくれる。正直、第二艦隊より第一艦隊のほうが厳しいと思うので、そちらの負担を少しでも抑えたいなら一考の余地有り。

テンプレ編成

15章攻略のテンプレ編成を軽く見てみましょうか。

掲載している画像は使いまわしています。特に説明が無い限り、艦船はレベル125ケッコン200、装備は強化13、艦船技術は全て最大と考えてください。

アズレンwiki

アズレンwikiの編成例。専用装備は私の好みで選んでます。

第一艦隊

アズレンwiki_第一艦隊

第一艦隊は雑魚戦と2回目のボス戦を担当する。

主力は旗艦に戦艦を配置し、僚艦は回復空母を置く。前衛は壁役1枚と対空対潜を両立した軽巡を2枚置く。

対空トップクラスの四万十サンディエゴのおかげで主力の航空負担は少ない。やろうと思えば四万十砲を装備して、さらに航空負担を抑えられる。

四万十サンディエゴは対潜設備を積む関係で生存力が低下します。しかし、味方を回復できる艦船が4隻もいるので十分な耐久を残せる。

前衛はこの3隻が安定して強い。もしもブレストか四万十あるいは両方を外すなら、最低でもジャンヌ・ダルクの生存補助が欲しいです。

第二艦隊

アズレンwiki_第二艦隊

第二艦隊は1回目と3回目のボス戦を担当する。

主力は旗艦に戦艦を配置し、僚艦は空母2枚。前衛は壁役1枚、万能軽巡1枚、アタッカー1枚。

アクィラの回復&吸収シールドで耐えながら、主力の攻撃を回して叩くだけ。

ニュージャージーとヨークタウンIIの攻撃力に、プリマスの攻撃補助もあるので、戦闘時間も短く収まるでしょう。

大陸wiki

大陸wikiには編成例が3つありますが、たぶん1番使われているのがこれ。

第一艦隊

大陸_第一艦隊

第一艦隊は雑魚戦と2回目のボス戦を担当する。

アズレンwikiの編成例と同じメンツ。違うのは装備。

四万十砲を装備して対空性能を上げています。これで主力の航空負担が減る。

ヘッジホッグと紫爆雷だけでは潜水艦処理が遅れて漏らすので、ユニコーンに対潜機を装備してお手伝いしてもらう。

バルジは先頭のブレストだけ装備。四万十サンディエゴは強化油圧舵。軽装甲で被弾の少ないポジションにいるため、バルジ収入がイマイチなのでしょう。あと強化油圧舵+13とバルジ+11の差が大きい。

対空砲は全てルンバでもOKですが、サンディエゴのスキルが対空砲射撃時に判定されるため、虹対空砲やSTAAGを多く積めると回転率アップ。

第二艦隊

大陸_第二艦隊

第二艦隊は1回目と3回目のボス戦を担当する。

アズレンwikiの編成例と3隻違い。

主力旗艦は武蔵。攻速に優れる連装砲で弾幕スキルをぶん回す。これが雑に強い。別艦隊支援攻撃を2回使えるのも頼もしい。

僚艦はインペロ。ほかの空母より優先されるということは、それだけリロード短縮が刺さるのでしょう。

前衛はジャンヌ・ダルクで生存力を取る。雲仙よりS勝利を狙いやすいはずです。

おわりに

今回は15章攻略で人気の艦船を調べました。

わかり切っていましたが、上位はwikiなどで紹介されている艦船が独占。

ただ予想外だったのは、下位の使用率が極端に低くなるくらい、上位が圧倒的な使用率を叩き出したことです。

アズレンはキャラが多いゲームなので、もっと分散するものと思っていました。

これだけ偏るということは、ゲーム難易度が高すぎて、付いていけるキャラが少ないのかもしれない。

コメントをどうぞ

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

タイトルとURLをコピーしました