はじめに

2019年4月1日にコアショップの更新があり、新しい装備「九八式発砲遅延装置T0」と「晴嵐T0」が追加されました。

この記事ではコアショップのラインナップ紹介、装備の性能解説、個人的な評価をまとめています。

コアデータの使い道に迷っている。
装備の詳しい性能が知りたい。
最新のラインナップが見たい。
コアデータの入手量が知りたい。

そんな人におすすめの記事です。


    コアデータ

    ゲームの進行具合で入手できるコアデータの量に差が出てきます。

    毎月の入手量を計算して計画的に交換していきましょう。

    ハードモード

    後半海域ほど入手量が増えるので早めに編成を整えて挑めるようにしたいです。

    コアデータ
    ハード1周1日3周30日90日
    1章4123601080
    2章8247202160
    3章10309002700
    4章123610803240
    5章144212603780
    6章164814404320
    7章185416204860
    8章206018005400
    9章226619805940

    任務報酬

    任務コアデータ入手量

    コアショップ

    コアショップの商品は購入制限があり、月替りで購入制限が更新(リセット)されます。

    商品のラインナップに追加や削除があるときは月末頃にアズールレーン公式Twitterで告知があります。
    アズールレーン公式

    コアデータを月末まで蓄えて告知の有無で交換するか考えるのもアリです。

    ラインナップ(2019年4月)

    コアショップラインナップ
    商品名種類制限コア評価
    駆逐艦「暁」艦船1個1000×
    九八式発砲遅延装置T0設備1個500
    晴嵐T0水上機1個500
    100/150航空燃料T0設備1個500
    ホーミングビーコンT0設備1個500
    九三式酸素魚雷T3設備1個1500
    改良型シュノーケルT0設備1個800
    改良型蓄電池群T0設備1個800
    一式徹甲弾T0設備1個800
    SHST0設備1個800
    ソードフィッシュ(818中隊)T0攻撃機1個800
    SBD(マクラスキー隊)T0爆撃機1個800
    試製203mm連装砲(3号)T0重巡砲1個800
    TBM-3アベンジャー(対潜)T3対潜機1個500×
    スカイロケットT0戦闘機1個500
    94式高射装置T0設備1個300
    メンタルユニット×100消耗品10個35
    各種装備箱T5装備箱各1個500
    各種装備箱T4装備箱各2個100
    各種装備箱T3装備箱各5個25×

    赤字は新規
    評価◎:すぐに効果を発揮する、誰にでもおすすめできるもの。
    評価◯:使えるが、必要かどうか見極めて交換したいもの。
    評価△:活躍する場面が限定的、優先度の低いもの。
    評価✕:コアデータを使う価値が無いもの。

    装備の性能解説

    先のラインナップから装備品を順番に解説していきます。装備は全て最大強化を前提に書いています。

    九八式発砲遅延装置T0

    アズールレーン_コアショップ_九八式発砲遅延装置コア500評価:△設備
    火力+321個制限
    主砲の拡散範囲を2収束

    戦艦、巡洋戦艦、航空戦艦、砲艦に装備可能な設備

    拡散範囲の収束がどの程度影響するか?演習で敵主力への物理命中率を調べました。

    主砲MK6で敵主力を20回狙って何発当たるか?(ダメージとmissの表記を当たりとしてカウント)

    通常時
    60発中47発命中、1発0.783、3発2.35
    動かない敵でもこれだけ外すのですね。

    九八式発砲遅延装置
    60発中54発命中、1発0.9、3発2.7

    今回の結果だと確実に物理命中率は上がっており、通常時と比べると約1.14倍の差があります。

    主砲主体の艦船や主砲を当てることで効果を発揮するDoYに装備するのはアリだと思います。

    特殊弾幕が主体の艦船はSGレーダーや一式徹甲弾で命中値を上げる意味が大きいので採用する機会は少なそうです。

    また、通常時で中段または上段の敵に向けて撃っていても、一つ下の敵に当たることがありました。(3回確認)

    アズールレーン_主砲の拡散範囲を検証 アズールレーン_主砲の拡散範囲を検証02

    今回この当たりもカウントしており、これを外れとするなら差は約1.22倍になります。

    晴嵐T0

    アズールレーン_水上機_晴嵐_性能コア500評価:△水上機
    航空+25威力429攻速14.30s/回
    1600lb爆弾×11x13mm機銃回避上限1.1%
    潜水空母に装備時、与える航空ダメージ60%アップ

    航空戦艦、潜水空母に装備可能な水上機

    水上機は今まで瑞雲のみだったが、潜水空母の実装に合わせて晴嵐(せいらん)が登場。

    晴嵐の1600lb爆弾は瑞雲の500lb爆弾よりも威力と攻撃範囲に優れており、特に理由が無ければ晴嵐を優先して積みたい。

    潜水空母に装備しているときは潜水支援時と浮上後の後退時に発艦、航空ダメージも60%アップ。ただし弾消し効果は無い。

    潜水空母について
    【アズールレーン】潜水空母「伊13」登場!潜水艦との違いを調べてみた!【アズレン】

    航空戦艦に装備しているときは通常通りリロードされ、発動時に弾消し効果もある。

    航空戦艦や潜水空母を積極的に採用するなら交換しておきたい装備だ。

    100/150航空燃料T0

    100-150航空燃料コア500評価:○設備
    航空+70艦載機HP+140移動速度+5
    1個制限、同じ種類の効果は最大値のみ適用

    空母、軽空母、航空戦艦の設備。「ハイオク」と呼ばれている。

    航空値の上昇は空母燃料タンクと変わらず、艦載機のHP上昇値で+20上回り、おまけに艦載機の移動速度+5まで付く。

    移動速度+5の用途
    空母2隻運用で足並みを揃える。(まとまって飛ぶことで対空攻撃分散)
    航空攻撃ヒット時に発動する効果のタイミング調整。

    よく使われる艦載機の速度。

    艦載機速度一覧

    ホーミングビーコンT0

    ホーミングビーコンコア500評価:◎設備
    航空+60装填時間4%短縮1個制限

    空母、軽空母、航空戦艦の設備。航空上昇は控えめだが、航空攻撃の装填時間を4%短縮する。

    装填時間20秒なら0.8秒短縮、25秒なら1秒短縮。永続効果なので2回3回と攻撃するほど効果を実感できる。

    上記の100/150航空燃料とセットで装備することも考えられる。

    九三式酸素魚雷T3

    九三式酸素魚雷T3コア1500評価:○設備
    雷装+100装填+10

    前衛艦の設備。魚雷を使えない艦船にも装備できる。

    雷装の上昇値が極めて高く、魚雷型を使うなら欲しい装備。

    ボス戦やEX海域で速攻を狙うとき、ハードモードの雷装値条件を満たすときにあると便利。

    難点はコアデータ1500を要求され、最大強化に必要な汎用T3パーツが288と多いこと。

    改良型シュノーケルT0

    改良型シュノーケルコア800評価:◯設備
    潜航力+851個制限

    潜水艦用設備、潜航力が増えることで長く戦場に居座れる。

    潜航力10で1秒潜航時間が伸びる、改良型シュノーケル1つで8.5秒長く潜航できる。潜水艦を運用するなら欲しい。

    2019/04/08:メインストーリー13章の実装で潜水艦の利用価値が上がり、この装備の価値も上がった。評価△⇒◯に変更。

    改良型蓄電池群T0

    改良型蓄電池コア800評価:△設備
    回避+151個制限
    支援範囲Lv+1、最大強化で+2

    潜水艦用設備、支援範囲Lvを1~2上げて活動範囲を広げる。

    潜水艦の支援範囲は旗艦(先頭の潜水艦)を参照する、この設備も旗艦に装備しないと支援範囲を広げられない。潜水艦をよく使うなら交換したい。

    一式徹甲弾T0

    一式徹甲弾コア800評価:◎設備
    火力+55命中+15
    主砲のクリティカルダメージが25%アップ

    戦艦、巡戦、航空戦艦の設備。

    火力と命中の上昇に加えて特殊効果付き。命中+15はだいたい命中率4~5%アップと考えていい。

    クリティカルダメージアップは主砲攻撃のみ適応される、特殊弾幕には影響無し。

    蔵王重工装備箱T3~T4で「九一式徹甲弾」という一式徹甲弾の下位装備が入手できる。他に交換したいものがあるなら一式徹甲弾をあとにしてもいい。

    SHST0

    SHSコア800評価:◯設備
    火力+70

    主砲のクリティカル率が8%アップ

    戦艦、巡戦、航空戦艦の設備。Super Heavy Shellを略してSHS。

    火力が大幅に上昇、おまけにクリティカル率アップという脳筋っぷり。

    クリティカル率は最低でも5%保証、SHSを合わせると13%以上になる。

    かなり魅力的な装備だが、命中を重視したほうが良かったりする場面もあるので使い所は考えよう。

    2019/04/08:私のところでは最近まったく採用することが無い、評価◎⇒◯に変更。

    ソードフィッシュ(818中隊)T0

    ソードフィッシュ(818中隊)コア800評価:◎攻撃機
    航空+45威力264×3攻速10.97s/回
    3×航空魚雷-818中隊2x7.7mm機銃
    自身の航空攻撃が命中した敵のスピードを8秒間60%ダウンする

    コアデータさえあれば確実に入手できる攻撃機。

    攻撃速度と威力でバラクーダに劣る、その代わり航空攻撃ヒット時に敵を鈍足にする効果が魅力的。

    鈍足効果は動く敵に攻撃を当てる手段として有効。鈍足化→主砲集中砲火のお手軽コンボが成立する。

    新しく追加されたホーミングビーコンと100/150航空燃料のおかげでタイミングを調整しやすくなった。

    SBD(マクラスキー隊)T0

    SBD(マクラスキー隊)コア800評価:△爆撃機
    航空+45攻速11.71s/回
    2000lb爆弾(威力480)×1100lb爆弾(威力180)×2
    自身の艦載機が敵軽空母・正規空母へ与えるダメージ5%アップ

    他の爆撃機と比較すると大型爆弾の威力はトップクラス、金装備特有の航空+45、攻速は並。

    欠点は小型爆弾の性能が物足りないこと、これにより爆撃機の中では下に見られてしまう。

    装備すると攻撃時にスキルボイスを聞けるという小ネタがある。

    試製203mm連装砲(3号)T0

    試製203mm連装砲(3号)コア800評価:△重巡砲
    榴弾射程55射角40°
    火力+45威力48×4攻速5.92s/回

    重巡の榴弾主砲、2✕2で発射される。

    現時点で重巡主砲には射角38°と40°の二種類が存在する。

    重巡砲の射角

    射角の差を比べてみた、たった2°の差だが重巡にとってはおおきな2°だと思う。

    これが活きるか難しいが、推しキャラが重巡なら主砲の選択肢として交換するのも良いだろう。

    TBM-3アベンジャー(対潜)T3

    TBM-3アベンジャーコア500評価:×対潜機
    対潜+25威力72x1攻速2.86s/回
    対潜爆弾-範囲UP

    軽空母の対潜装備。

    対潜機は潜水艦と戦うときに便利だが、これにコアデータ500支払うのは微妙。

    救援任務海域の攻略は前衛のソナーと爆雷で十分間に合う。

    スカイロケットT0

    スカイロケットコア500評価:△戦闘機
    航空+25爆弾無し攻速8.98s/回
    2x12.7mm機銃2x20mm機関砲

    攻撃速度に優れる戦闘機。無くても困らないがあれば攻速調整に使える。

    現在実装されている戦闘機の中で1番の攻速を持つ、それ以外の価値は考えなくていい。

    ツインロケットセントーblog

    ややネタ感はあるが、こんな組み合わせもある。

    94式高射装置T0

    94式高射装置コア300評価:△設備
    対空+55命中+10

    中途半端な性能、利点は誰でも装備できること。

    対空を上げるなら対空レーダーのほうが効果が高く、命中を上げるならSGレーダーがある。

    SGレーダーは空母に装備できないので、その点で94式高射装置に分がある。

    設備枠1つで対空と命中を補いたいという欲張りな指揮官さん向け。

    おすすめ装備

    とりあえずで選ぶなら戦艦や空母の装備が良い。

    一式徹甲弾、SHS、ホーミングビーコン、ソードフィッシュ(818中隊)は適当な強化でも特殊効果は変わらず機能するのでおすすめだ。

    酸素魚雷や潜水艦装備はいずれ入手する程度の考えで、まずは使いやすい装備を充実させたほうが戦力に繋がるはずだ。